在校生の声

赤城 賀奈子さん

 サービス&ホスピタリティプログラム 2回生(2018-2019)

 

akagi 2 【GSMを選んだ理由】 
 40代という人生の折り返し地点の時に、これまでの延長線上の人生とは違う、新しい可能性を見つけたいと模索していました。私はこれまで20年以上のキャリアの中で、会社員、親の会社の第二創業、夫婦で起業と「ビジネスのフルコース」を経験してきました。しかし一方で、一通り自分がやりたかったことを達成したことで、心から情熱を傾けられる次の一歩を見出せずにいました。そこで、もっと大きな視点からビジネスについて捉え直したいと考えた時、GSMこそがベストだと感じました。なぜなら、新しいことを恐れずにチャレンジする起業家精神に富み、独創性あふれる着眼点を持つ人の集まりだと思えたからです。

【GSMの魅力】 
 人生に大きな影響を与えてくれる出会いに恵まれていることです。起業について興味を持つ女性や留学生が集える「京大女子起業部」というコミュニティを作ったことで、グローバルに応援し合えるネットワークができました。自分から積極的に動くことで、次々と人脈やアイデアが広がっていくところは、様々な国や地域と連携しているGSMならではの魅力です。デザインスクールでは、香港や沖縄にて、デザイン思考を用いて複雑な社会問題を解決しようとしたことで、自分の未来をより大きなスケールで考えられるようになりました。その結果、思ってもいなかった自分の可能性に気づけたことも、GSMの魅力です。

【将来の展望】

 GSMでの学びと出会いを通じて、女性起業家を応援したいと強く思うようになりました。そこで生まれたのが、女性のためのオンライン・コミュニティ「ヒロイン・パワー(Heroine Power)」です。ここは、男性とは異なる悩みを共に考え、女性の幸福度を最大化するために「起業家マインド」を実践し合う場です。このコミュニティを、日本一、女性にとって役立つものへと発展させ、さらにはグローバルにも展開して、より大きな社会貢献をしていきたいと決意しています。

akagi 4

 【おすすめ科目】 
・人的資源管理論(関口倫紀先生
・京都観光・文化論(前川佳一先生
・クリティカル・シンキング(若林靖永先生
・組織・コミュニティデザイン論(山内裕先生
・問題発見型/解決型学習(FBL/PBL)(デザインスクール

【1日のスケジュール】~と或る日のスケジュール~
・7:00 起床。家族と朝食
・10:30~12:00 授業「組織・コミュニティデザイン論」
・12:00~13:00 異なる研究科の院生とランチ。グローバル医療や地域コミュニティについて語り合う。
・13:00~14:30 授業「Global Social Entrepreneur」
・15:00~ 自習室に立ち寄り、留学生たちと起業のアイデアで盛り上がる。
・16:30~ 帰り際、京大内にあるカフェで教授に会いそのまま研究内容についてディスカッション。
・18:30~ クラスメイトや教授と一緒に食事会。新しいマーケティングやこれからのビジネスについて意見を交わす。

akagi 1

【1週間のスケジュール】 
 時間の使い方は、1年目と2年目では、大きく異なります。1年目の前期は、基礎科目の課題が多く、時間を調整するのが本当に大変でした。前期は基礎科目だけにした方が、仕事との両立はしやすいです。私は、経営管理の授業だけでなく、興味のある他研究科やデザインスクールの授業も受講したことで、1年目は、朝から晩まで、大学院漬けのスケジュールとなり、とてもハードでした。仕事や育児と大学院生活を両立させるために、集中講座も活用しましたが、忙しい毎日を乗り切ることができたのは、夫や両親の協力のおかげです。


akagi 5

 

【入学希望者へのメッセージ】 
 着眼点が異なる人たちとの会話は、GSMでしか味わえない刺激的な時間であり、私の視野を大きく広げてくれました。これまで、経営者として、作家として、母として、多様な人脈を持っている方だと自負していましたが、GSMで得た人脈は、今まで以上に大きく、豊かなものでした。インスピレーションの源となる授業、深い知識に裏付けられた先生方からのアドバイス、そして切磋琢磨し合えるクラスメイトたち。GSMに来たからこそ見つけられた新たな情熱は、これからの人生の原動力になってくれました。ぜひ、貴方もGSMで新しい情熱と出会える喜びを味わってください。


Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp