カリキュラムの特徴

学生のバックグラウンドに応じた3コースの提供
経営管理大学院では、多種多様なバックグラウンドを持つ人材に対応するために、標準的な「2年コース」の他に、ファイナンス・会計分野のエキスパートを対象とした「1年半コース」、英語による授業のみで修了できる「国際プロジェクトマネジメントコース」という3つのコースを用意しております。



多様化に応える様々な受講スタイル
月曜日から土曜日まで昼間開講(8:45~18:00)するフルタイム専門職大学院です。さらに、入学者の多様化するニーズに応え、様々な受講スタイルを用意しています。本大学院に入学することを前提に、社会人としての職業経験を有し、現在のマネジメントの課題について明確な問題意識を持つ方を対象とした科目等履修生制度や、本学大学院に在籍する学生を対象に、当大学院在学中に履修し付与した単位を本大学院において既習単位として認定し、1年での修了を目指すジョイントディグリー制度などがあります。また、他の大学院で修得した単位に関しても、審査を経た上で既修単位として認定された場合には、条件を満たせば1年で修了することも可能です。


グローバルキャリアを目指す人へ
経営管理大学院では、将来、グローバル企業や国際機関等でグローバルビジネスへの展開に貢献できるリーダー的人材の育成をめざし、国際コース等における英語教育や英語によるディベート能力の強化、国際ビジネス/プロジェクトのケーススタディ教材の開発等に積極的に取り組んでいます。また、グローバル企業や国際金融機関、JICA等が提供する国際インターンシップ、UC Davis、ハノイ交通通信大学等の海外の大学や研究機関で実施される海外セミナーならびにワークショップ等の情報を提供し、学生が積極的に参加できる支援体制を整えています。その他、国際交流を促進するために学生交流協定に基づき、Ⅰ学期間、互いに学生を留学させあい単位取得をする派遣留学(交換留学)制度を導入しており、現在、国立台湾大学・国立政治大学(台湾)・コッチ大学・イズミール経済大学(トルコ)・梨花女子大学・釜山国立大学・ソウル国立大学(韓国)・インド経営大学院カルカッタ・インド経営大学院アメダバード、ライアーソン大学(カナダ)・ミュンヘン工科大学(ドイツ)・ブカレスト経済大学(ルーマニア)・ハノイ交通通信大学(ベトナム)・アムリヨン経営大学院(フランス)・チュラロンコン大学(タイ)・北京大学(中国)と学生交流協定を締結しています。

スーパーバイザーの設置
多種多様なバックグラウンドを持つ人材を受入、多様なキャリア・アチーブメントを実現するために、スーパーバイザーを設置して、履修指導をはじめ、学修全般に関するサポートを行い、きめ細やかな教育体制を実現しています。スーパーバイザーのサポートにより、学生が自身の学修状況、学修目的や将来の進路志望などについて考え、それを実現するために適切な履修内容および学修計画の提供など、学生のコミットメントを実現するために、積極的な支援を行います。


段階的な履修を実現する科目
構成科学的な理論に基づいた専門的な知識と実践的な問題解決能力を修得するために、多様な授業科目を提供します。そして、主に1年生前期に基礎科目、1年生後期から2年生前期に専門科目、そして2年生前期からは実務科目と発展科目という体系的な履修を実現する科目構成をとっています。

導入科目: 学部での未履修者や社会人を対象に、未履修分野の基礎知識の獲得を目的した科目
基礎科目: 経営管理に関する基本的な理解と分析能力の獲得を目的とした科目 
専門科目: 実践的な経営課題を解決するために必要となる専門的な知識を学ぶための科目 
実務科目: 各分野で先端的な実務に携わっている実務家教員が実際の現場における現象や課題、知識、手法などを提供する科目
発展科目: 基礎、専門科目で獲得した知識や理論と、実務科目で学んだ実務の現状を融合させ、さらに発展させるための科目

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

現在地: Home 教育活動 経営管理専攻(専門職学位課程) カリキュラムの特徴