【重要なお知らせ】(2020年11月20日)
コロナ感染急拡大を受け、参加者の皆様・関係者の安全安心を第一に考えまして
全面オンライン参加に切り替えることといたしました。
大変恐縮ではございますが、会場参加を予定されていた方を含め
皆様オンラインにてご参加くださいますようよろしくお願いいたします。
オンライン参加方法は、参加登録いただいた方に別途メールにてお知らせいたします。

【概要】
2020年7月から3年間の寄附講座がスタートしています。本セミナーでは、講座の研究テーマを取り巻く状況や方向性などについてご紹介をするとともに、アジアロジスティクスについて研究を進めた前 港湾物流高度化寄附講座の成果概要も併せて報告をします。

日時:2020年11月25日(水)14:00-16:40 (受付13:30-14:00)

プログラム:

● 14:00-14:10 主催者挨拶
 ・戸田 圭一 京都大学経営管理大学院 院長
 ・山縣 宣彦 一般財団法人 みなと総合研究財団 理事長

● 14:10 -15:00 基調講演「激動のアジアロジスティクス・貿易とアフターコロナ時代の港湾・ロジスティクス」
 ・小林 潔司 京都大学名誉教授・経営管理大学院特任教授

<15:00-15:15 休憩・換気>

● 15:15-15:35 港湾物流高度化寄附講座の活動方向
       「ICT時代のロジスティクス・港湾施設整備に向けて」
 ・宮島 正悟 港湾物流高度化寄附講座 特定教授

● 15:35-15:55 港湾物流高度化寄附講座での活動
       「アジア主要港の動向と、日本の技術体系や技術基準の国際化・海外展開」
 ・宮田 正史 港湾物流高度化寄附講座 客員教授(国土技術政策総合研究所 港湾研究部港湾施設研究室長)

<15:55-16:10 休憩・換気>

● 16:10-16:30 前 港湾物流高度化寄附講座の活動報告
       「アジア物流を支える港湾・海運に関わるデータ・分析・予測など」
 ・渡部 富博 港湾物流高度化寄附講座 特命教授(国土技術政策総合研究所 港湾研究部長)

● 16:30-16:40 閉会にあたって
 ・山田 忠史 経営管理大学院 教授
 ・高橋 重雄 一般財団法人 沿岸技術研究センター 理事長


※当日は、セミナーの状況をオンラインでも配信予定です。
 時間の都合上、オンライン参加される方からのご質問等はお受けいたしかねます。あらかじめご了承願います。

【開催場所】
サピアタワー ステーションコンファレンス東京 5階
東京都千代田区丸の内1-7-12
アクセス:https://www.tstc.jp/tokyo/access.html
・JR東京駅日本橋口すぐ
・新幹線八重洲北口改札徒歩2分・東京メトロ東西線大手町駅B7出口すぐ

【対象】
 一般

【担当教員】
 教授 山田 忠史
 特定教授 宮島 正悟

【参加費】
 不要

【申し込み方法】
※多数の方よりお申し込みいただきありがとうございます。参加受付は締め切らせていただきました。
所属・役職・お名前・メールアドレス・参加方法(会場参加 or オンライン(zoom)参加のいずれを希望されるか)を記載の上、下記問い合わせ先のメールアドレス宛お申込みください。
申し込み期限:11月16日(月)
※ソーシャルディスタンス対応のため会場参加人数が限られており、会場参加のご希望の場合でもオンライン参加をお願いする場合があります。あらかじめご了承願います。

【問い合わせ先】
 港湾物流高度化寄附講座
 電話:075-753-5104(セミナー当日は不在になります)
 E-mail:ipl2020*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
 (*を@に変えて送信してください) ("ipl"はアイ・ピー・エル、”2020”は数字)


詳細PDFはこちら

 

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp