【概要】
主催:京都大学経営管理大学院
共催:みずほ証券株式会社

安倍政権は発足から1年半が経過し、同政権の経済政策は第三の矢(成長戦略)の実効性が問われる段階に入っています。
外交・安全保障問題にも大きなエネルギーが投じられる中、6月に予定される新成長戦略の公表を前に、日本企業への期待を海外からの視点を中心に問い直します。

まず、グレン・フクシマ氏には「ワシントンから見たアベノミクス」をテーマに、経済政策に限定することなく、外交・安全保障を含めた日本への期待をお話し頂きます。
次に御立尚資氏には「変化の時代:アベノミクスのコンテクスト」をテーマに、安倍政権の経済政策と日本企業の経営戦略への影響を中心にお話し頂きます。
後半のパネルディスカッションではマクロ経済、経済政策に詳しい小林慶一郎慶応大学教授と長年日本株投資のバリュー投資に携わり、日本企業の経営者との対話を重ねてきたハワード・スミス氏が加わり議論を進めます。

【日時】
2014年5月29日(木) 14:00-17:20

【対象】
企業関係者、社会人、学生、政府関係者

【場所】
丸ビルホール(東京都千代田区丸の内2-4-1、丸ビル7階)

【担当教員】
准教授 曳野 孝

【参加費】
不要

【申込方法】
 参加ご希望の方は、ご連絡先(氏名・ふりがな・所属先名・メールアドレス)を明記の上、e-mailにて下記までお申し込み下さい。

■ 申込先: 京都大学経営管理大学院みずほ証券寄付講座事務局
mizuho-sym[@]gsm.kyoto-u.ac.jp
お申し込み受付後、e-mailにて確認書を送付させて頂きます。

■ 申込締切: 5月22日(木)必着
※個人情報につきましては、シンポジウム開催の目的のみに利用いたします。当該情報は京都大学経営管理大学院ならびに共催先であるみずほ証券株式会社のみが保有し、責任をもって保管いたします。また第三者に対して提供いたしません。

【問い合わせ先】
京都大学経営管理大学院みずほ証券寄附講座事務局
TEL:075-753-3435 / E-mail:mizuho-sym[@]gsm.kyoto-u.ac.jp

■イベント報告記事は、【こちら

tokyo

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp