【概要】
いま多極化が進む世界はかってないほどのスピードで変化している。急速に進展するグローバル化に組織は如何に対応すべきか、組織体の責任者が組織を牽引し持続的発展を遂げていく上で、どのような人材が求められているのか。
こうした課題に対して商社マン、外交官として、豊富な国際経験をもつ講師が、グローバルビジネス社会で果たすべき日本企業の役割やトップのリーダーシップについて語る。
1998年、伊藤忠商事社長に就任し、経営危機あった同社を立て直し中興の祖と言われる講師が自らの行動と言葉で、如何に企業を立ち直らせたかを語る。
また、日本企業にはステークホルダーとの良好な関係構築を行なうことで目的を達成する、パブリック・リレーションズ(PR)がなぜ機能していないか、言い換えれば、主体(企業・組織)を取り巻くさまざまなステークホルダー(パブリック)との間のリレーションシップ・マネジメントが機能していないことで、如何にグローバル競争下で苦戦を強いられているかなどを例示する。そして中国大使時代(2010年6月~2012年12月)、尖閣問題を抱えるなか日中関係改善に腐心した自らの体験を通して、リーダーの在り方やグローバルに活躍できる人間像についても語る。

主催:経営研究センター

■講演者:丹羽宇一郎氏
      前中華人民共和国駐箚特命全権大使/前伊藤忠商事株式会社取締役会長/早稲田大学特命教授/グローバルビジネス学会会長
■講演タイトル:「グローバル企業に求められるPRとリーダー・シップ」

言語:日本語

【日時】
2014年11月15日土曜日 13:00-14:30

【対象】
学生・教員

【場所】
京都大学経営管理大学院 総合研究2号館 1F 大講義室

【担当教員】
教授 小林 潔司

【参加費】
不要

【申し込み方法】
参加ご希望の方(履修登録済みの方以外)は
①氏名(フリガナ)、②所属・学年、③連絡先電話番号を記載の上、
タイトルを「グローバルビジネス講演会」として、企画室 金見(kanami.yoriko.8c[@]kyoto-u.ac.jp)までメールで申し込み下さいますようお願い致します。

【問い合わせ先】
企画室 金見(kanami.yoriko.8c[@]kyoto-u.ac.jp)

*パブリックリレーションズ論の履修登録者は、ポイント対象となりません。

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp