平成23年10月15日(土)、京都リサーチパークサイエンスホールにてシンポジウム「東日本大震災地域事業継続に向けて」を開催しました。

本シンポジウムは一般市民の方々を対象にした本学の「大震災後を考える」シリーズの一つとして、経営管理大学院が主体となって実施するもので、地域/事業継続計画、世界からみた日本の復興について情報発信を行うことが目的です。

小林潔司 院長の挨拶にはじまり,前半では3名の方より「中山間地域の知恵を復興に生かす」(元内閣府 高村義晴 参事官)、「被災地の復興-国際協力の視点から」(国際協力機構 三牧純子 企画役)、「アジアから見る日本の地域振興」(アジア開発銀行 光橋尚司 専門官)と題した基調講演がおこなわれました。

後半は、コーディネーターの若林靖永教授の進行のもとパネルディスカッションを行いました。パネリストとして、株式会社インターリスク総研 本田茂樹 研究開発部長、日建設計総合研究所 石原克治 理事、株式会社オピニオン 碓井誠 代表取締役、小林潔司 院長の4名が参加されました。ディスカッションでは、BCP/ DCPをキーワードとして企業,エネルギー、ロジスティックス、コミュニティーについて活発に議論が交わされました。

当シンポジウムでは、持続可能な地域づくりの成否が震災地域のみならず、中山間地域、引いては我国の行く末を暗示する重要なテーマとして再認識させる重要な機会となりました。また当日は、会場には約100名が参加者し、盛会のうちに終了しました。

 

1015 shinsai01
高村前参事官講演
1015 shinsai02
三牧企画役講演
 1015 shinsai03
光橋専門官講演
 1015 shinsai04
質疑応答の様子
 1015 shinsai05
パネルディスカッションの様子

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp