H29.1.22 経営管理大学院「サービス価値創造プログラム」ワークショップ論文最終報告会を開催しました

 経営管理大学院「サービス価値創造プログラム」は、平成29年1月22日(日)総合研究2号館ケーススタディ演習室にて、修士2年生によるワークショップ論文最終報告会を行いました。卒業を予定する18名が、サービスとその経営にかかわる多彩なテーマを報告しました。内容は全員が一定水準以上で、そのうち3名が恒例の3賞に輝きました。またサービス・プログラム以外の2名に特別賞が授与されました。

◆最優秀報告賞:西本恵子氏
「国際会議・MICEが開催地に与える価値・効果」
20170122 1

◆最優秀プレゼンテーション賞:渡守紘宜氏
「高齢者労働集約型産業における人的資源管理」

20170122 2

◆クリエイティブ賞:小東茂夫氏
「ワークショップを活用したBtoBサービスにおける顧客間の情報共有と学習」20170122 3

◆特別賞1:吉田悠記子氏
「ベンチャー企業のパフォーマンスに与える影響について」20170122 4

◆特別賞2:ナムヒョンヨン氏
「製品に対する態度(製品評価)に香りの選好度と製品の関与度が与える影響について」20170122 5

 

 報告会終了後は、大演習室1で懇親会を行い、修士2年生を中心に在学中2年間の研究と思い出を振り返り、今後の活躍を誓いあいました。

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

現在地: Home ニュース イベント報告 H29.1.22 経営管理大学院「サービス価値創造プログラム」ワークショップ論文最終報告会を開催しました