経営管理大学院は、平成25年7月5日、JPタワー ホール&カンファレンス (東京都千代田区丸の内2‐7‐2 JPタワー4階)にて京都大学経営管理大学院ファイナンス(あすかアセット)寄附講座開設記念シンポジウム「高齢化時代の到来とリタイアメントマネジメント」を開催しました。

本寄附講座開設記念シンポジウム「高齢化時代の到来とリタイアメントマネジメント」は、一般、企業の人事・厚生担当者、金融機関のリテールビジネス担当者を対象にリタイヤメントマネジメントと資産運用の考え方について最新の研究成果を紹介する目的で開催されました。

前半では、京都大学経営管理大学院 徳賀芳弘 院長の開会挨拶および谷家衛 あすかアセットマネジメント代表取締役会長のご挨拶に続き、山口修氏(横浜国立大学 教授、京都大学経営管理大学院 客員教授)により「企業年金制度改正のゆくえとリタイアメントマネジメント」と題した基調講演と、経営管理大学院 加藤康之教授によるプレゼンテーション「リタイアメントマネジメントと資産運用」が行われました。
後半では、モデレーターの古井道郎氏の進行のもと加藤康之教授に加え、内藤 忍(株式会社資産デザイン研究所 代表取締役社長)、錦織 隆生氏(企業年金活用研究会 代表理事)に参加いただき、パネルディスカッションを行いました。ディスカッションでは「DCの継続教育とリタイアメント教育の課題」について活発に議論が交わされました。

当シンポジウムでは、リタイヤメントマネジメントや投資教育の難しさや重要性を考える貴重な機会となりました。
当日は、一般市民やビジネスマンなど約160名が参加し、盛会のうちに終了しました。

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp