京都大学経営管理大学院・経済学研究科は、2018年11月10日、法経済学部東館8階リフレッシュルームにて第72回京都管理会計研究会を開催しました。本研究会は、研究者・実務家・院生を対象に管理会計研究の最先端の研究成果について知見を共有することを目的にしております。
 当日は、庄司豊氏(京都大学大学院経済学研究科博士後期課程)より、「管理会計研究へのシミュレーションの活用」と題した報告がなされ、過去の実績情報を用いたコントロール(フィードバック・コントロール)と将来の予測情報を用いたコントロール(フィードフォワード・コントロール)およびそれらの組み合わせが意思決定の質にどのように影響するのか、またそれらの効果が意思決定タスクの複雑性や環境不確実性によってどのように変化するのかについて、シミュレーションを行った結果が示されました。

syouji DSC03220
◆講演する庄司氏


 参加した約10名の研究者・院生や実務家などと講演者との間で活発に議論が交わされ、盛会のうちに終了しました。

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp