2019年6月18日に、東京にて技術セミナー「次世代アセットマネジメント-実装そして展開へ-」を開催しました。

 2019年3月に終了した府省庁横断的研究プロジェクト「戦略的イノベーション創造プログラム(SIP)」では、研究テーマ「インフラ維持管理・更新・マネジメント技術」のうち研究開発項目「インフラマネジメント技術の国内外への展開を目指した統括的研究」で高知工科大学・大阪大学と研究を実施しました。その成果を中心に8名の講師によりインフラアセットマネジメントの実装に係る取り組みや今後の展開に関する紹介を行いました。また「今後のアセットマネジメントの国内外の展開のあり方」をテーマにパネルディスカッションも実施しました。

 アセットマネジメント技術の社会への実装および国内外への展開のためには、様々な技術開発成果や蓄積された知見の反映に加えて、人材育成や術認証制度・評価制度の確立などを図ることも重要であり、産官学の連携による継続的な活動が重要であることが確認されました。

 本セミナーの開催には、事前申し込みで定員を大きく超える参加希望があるなど大きな反響がありましたが、当日も終始ほぼ満席の盛会のうちに終了しました。

パネルディスカッション Photo0618 02
◆パネルディスカッションの様子

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp