10月29日、日本投資顧問業協会の寄附講義『アセットマネジメントの実務と法』において、日本証券アナリスト協会の理事 教育第1企画部長 貝増眞氏をお招きし、「証券アナリストの役割と義務」というタイトルで講演を行いました。
 証券アナリストは、企業と投資家を結び付ける分析・評価業務を行うことで、資本市場の効率性を高める役割を果たしていること、その役割は時代とともに変わってきたこと、アナリスト業務には中立性と客観性が求められていることなどを、ご自身の経験も交えながらお話しいただきました。最近では、事業投資を行う総合商社の方、また事業会社への提案を行う大手金融機関においても証券アナリストの知識が求められていることなどお話しされ、非常に有益な講演でした。

kaimasu DSC 0006 
◆講演する貝増眞氏

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp