経営管理大学院では、第6回目となるサービス・イノベーション国際シンポジウムを平成25年11月29日に京都大学医学部構内芝欄会館にて「グローバル化するクリエイティブ産業とアジア型プロデューサーの新たなミッショ ン」をテーマとして開催しました。

冒頭の徳賀芳弘 経営管理大学院長による挨拶の後、米国サフォーク大学のロバート・ディフィリッピ教授より基調講演として、現在のクリエイティブ産業におけるデジタル化によるコンテンツ産業の大変動とプロデューサーの新たなリーダーシップのあり方に関して研究動向をご紹介いただきました。そして今後は、国際的に活躍するプロデューサー人材の役割とその開発について課題があることをお話しいただきました。

続く第1部では、アジアの創造産業において活躍するプロデューサーのマネジメントスタイルの特徴とあり方について、シン・ドンヨプ韓国延世大学教授、仲曉玲台湾成功大學助理教授、
山田仁一郎大阪市立大学准教授より、日台韓の現状についてのご報告を受けて、ディフィリッピ教授を交えてパネル討論を行いました。

第2部では経営管理大学院のサービス研究の最新成果について、山内裕講師と鈴木智子講師らからサービスデザインとサービス国際化について紹介がありました。

第3部ではクリエィティブ産業の実務家である内田健二サンライズ代表取締役社長、忽那裕樹株式会社E-DESIGN代表取締役、堤大介PIXAR ANIMATION STUDIOS Art Directorを招き、日米のアニメ産業でのプロデューサーの役割の対比や都市空間デザインと社会的イベントのプロデュースの事例についての興味深い講演をしていただきました。そして、アジアでのクリエィティブ産業で活躍できるプロデューサー人材に関して、廣瀬紳一准教授を交えて議論を行いました。

本シンポジウムには、多種多様な産業・学術分野からおよそ160名の参加者が集まり、熱心に聴講されました。
参加者からは、「アジアで活躍できるプロデューサー人材のあり方について今後明らかにして欲しい」など、経営管理大学院における今後の継続的な活動について期待の声が寄せられました。

平成25年12月4日水曜日の日刊建設工業新聞に記事が掲載されました。
PDFをご覧ください。

 20131129 1  20131129 2
 20131129 3  20131129 4
 20131129 5  20131129 6
   
Attachments:
FileDescriptionFile size
Download this file (20131129p.pdf)20131129p.pdf 219 kB

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp