経営管理大学院は、平成26年5月17日に中国・南京大学にて2nd Sino-Japan Seminar on Integrated Land Use – Transport - Environment Planning and Modelingを開催しました。

このセミナーは2011年7月に京都大学で開催したセミナーにおける議論をより深めるために、第2回を南京市で開催したものです。
本セミナーは、土地利用と交通行動との相互作用に興味を持つ研究者・学生や都市計画マスタープラン策定に関わる行政担当者などを対象としたものです。南京市をはじめとした中国長江流域の地域における土地利用や人口変化に対応した低炭素都市政策の現状について相互理解を深めると共に、政策分析ツールとしての土地利用・交通・環境統合モデル構築について議論を行うことを目的として開催されました。

午前中のキーノートセッションでは、小林潔司経営研究センター長から土地利用・交通モデルの歴史的進展と今後の展望について、南京市都市交通計画研究所の楊涛教授から南京都市域における土地利用交通計画の現状について、それぞれ講演がありました。
午後は、日中双方から6名の若手研究者による研究発表が行われました。土地利用や人口変化の現状と課題についてや土地利用・交通政策を分析するモデル構築の方法論などについて活発な議論が交わされました。

 20140517 1  20140517 2
セミナーの模様 主な発表者

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp