H29.6.30 京都府議会特別委員会において「京都府庁の地方移転について」若林直樹教授が参考人意見を述べました

 若林直樹教授は、6月30日(金)午後1時30分より京都府議会の特別委員会「京都府行政の今後のあり方に関する特別委員会委員」に出席し、委員である京都府議会議員12名の前で、参考人としての意見陳述及び質疑応答をしました。
 当日の主な議題「本庁組織の機能移転について」に関し、現在の立地場所から、特に府の南部や北部に移転することについて、30分ほど意見を述べました。その中で、企業地理学などの本社機能の空間立地と、空間組織に関する研究成果を踏まえ、そのメリットやデメリット、現状と課題を示しました。これに対し、移転の効果として各地域の現状に合わせた政策形成が行えるのか等の質問が出て、1時間半ほど質疑応答を行いました。この様子は府議会のインターネット中継で公開されました。


naoki wakabayashi 京都府議会中継1

 質疑応答を行う若林直樹教授

 

※詳細はこちら
http://www.pref.kyoto.jp/gikai/html/syokai/tokubetu.html(京都府議会ホームページ)

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

現在地: Home ニュース ニュース H29.6.30 京都府議会特別委員会において「京都府庁の地方移転について」若林直樹教授が参考人意見を述べました