デザイン学大学院 連携プログラム

本プログラムでは、「デザイン学」を共通言語とする専門領域横断的な教育プログラムを編成し、協働を担い得る博士人材の育成を行います。即ち、様々な場面でイノベーションを主導し、社会を変革できる専門家の育成を目標としています。このような人材を、ジェネラリストを意味する「T字型人材(T-shaped people)」と対比させ、専門領域を超えて協働し社会を変革できる突出した専門家という意味を込めて「十字型人材(+-shaped people)」と呼び、本プログラムが養成すべき人材像とします。こうした人材を育てるために、5つの専門領域(情報学、機械工学、建築学、経営学、心理学)の協力によってデザイン学の学位プログラムを構成します。

【設置期間】
2012年10月1日~2019年3月31日

【活動内容】
1)デザイン方法論の確立

人類社会が直面する複合的な課題に取り組むために、これまでに培われた機械工学や建築学などでのデザイン学に対する知見と、数学、力学、最適化、制御、計算機科学、システム科学などの情報学や工学の基礎研究を結集し、心理学や経営学などの人や社会に関する視点から、問題発見と問題解決のための新たなデザイン方法論を確立する。

2)デザイン教育の確立
デザインを、プロダクトやサービスを対象とする活動だけでなく、組織やコミュニティ、社会や文化を対象とする、人間の多元的な営為として捉え直す。その上で、Cyber(情報学など)とPhysical(工学など)の専門家が、経営学、心理学や芸術系の専門家との協働を通じてデザインが行えるよう、現場の教育力を活用した実践的な教育プログラムを確立する。

【関連部局名】
情報学研究科、工学研究科、教育学研究科、経営管理大学院


2016p in design 1

経営管理大学院は、デザイン学の主要部局として、その学問の確立に貢献しています。従来から取り組んでいるサービスに関連して、近年盛り上りを見せている「サービスデザイン」に取り組んでいます。株式会社モスフードサービス様の協力を得て、ファストフードのデザイン、また京都市立芸術大学美術学部と連携し、病院という社会にとって重要なサービスのデザインなどの領域で実践科目P B L(problem-based learning)に取り組んでいます。また、デザインの対象がプロダクトやグラフィックから「社会」に変化する中で、「組織・コミュニティデザイン論」を立ち上げ、社会理論に基づいた社会のデザインの方法論を開発しています。その他、新しい事業を創造的に構想し立ち上げる「事業デザイン論」に取り組んでいます。

2016p in design 2店員と客や客同士が自然と会話できる空間

2016p in design 3 神出鬼没 モスのホットドッグ移動販売車

【デザイン学大学院連携プログラムWEB SITE】 http://www.design.kyoto-u.ac.jp/

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

現在地: Home 研究活動 研究・教育プロジェクト・ユニット デザイン学大学院 連携プログラム