小林 潔司

教授(経営研究センター長)

専門分野

計画・マネジメント論

担当科目

Policy Evaluation Game Theoryほか


メッセージ

高度情報化、知識集約型社会における公共政策の策定・運用・管理のあり方について、経済学的・工学的知識に基づいて考えていきましょう。講義では、政策評価の考え方や手法について、実際のケーススタディを例にとりあげながら進めていきます。


経歴

京都大学大学院工学研究科修士課程。博士(工学)。京都大学工学部助手、鳥取大学工学部助教授、教授、京都大学大学院工学研究科教授を経 て、現職。国土交通省国土審議会、社会資本審議会専門委員、交通政策審議会等委員,土木学会論文集編集委員長、米国土木学会副編集委員長、応用地域学会会長、グローバルビジネス学会理事長、日本学術会議連携会員、IIASA、OECD、WB研究員などに就任。


研究成果(主要論文・著作)

Structural Change in Transportation and Communications in the Knowledge Society, Edward Elgar, 2007“Pavement Management Accounting System”,Journal of Infrastructure Systems, 共著,Vol.14,No.2, ASCE,2008 pp.159-168
「家計の流動性制約と防災投資の経済評価」『 土木学会論文集D』
(共著)Vol. 64、No. 1、2008年、 pp.24-42. など。

現在地: ホーム 研究者紹介 研究者紹介 小林 潔司