藤井 秀樹

教授(兼担 大学院経済学研究科)

 

専門分野

財務会計,国際会計,非営利会計

担当科目

財務会計

メッセージ

会計の考え方や仕組みがどのような経路で生まれ,変化するかを,制度派理論を応用して研究しています。その研究を通して,会計基準の国際統合の背後にある制度変化の法則性を明らかにしたいと考えています。非営利組織の会計も現在,大きな転換期にあり,制度研究の応用として,その変化のプロセスを追跡しています。

経歴

1974年京都大学経済学部卒業,1984年同大学院経済学研究科博士後期課程指導認定。京都大学博士(経済学)。1990年京都大学経済学部助教授を経て,1998年から現職。マンチェスター大学客員教授。日本会計研究学会理事,会計理論学会会長,非営利法人研究学会副会長,税理士試験委員,京都府公益認定等審議会会長代理等を歴任。

研究成果(主要論文・著作)

『現代企業会計論』森山書店,1997年刊。
『制度変化の会計学』中央経済社,2007年刊。

現在地: ホーム 研究者紹介 研究者紹介 藤井 秀樹