教員紹介

経営研究センター 特命教授 金 広文

【専門分野】
アジアの経済統計、地域・交通経済、開発マネジメント
【経歴】
岐阜大学工学部・土木工学科卒、名古屋大学大学院工学研究科博士課程終了、博士(工学)。東京工業大学・JSPS研究員、豊橋技術科学大学・教務職員、開発コンサルタント、名古屋大学大学院・経済学研究科・客員研究員、ベトナム・ダナン経済大学・客員研究員、JBIC/JICA専門調査員、京都大学大学院工学研究科・特定准教授、京都大学経営管理大学院 准教授を経て現職。現在、「NPO法人アジアにおける地域計量経済と環境の研究機構(AREES)」理事。
【主要論文・著作】
The supply and use tables: The approach for conversion to input-output table(共著), Advances in Management and Applied Economics, Vol.2, Issue 2, pp.83-90,2012
【メッセージ】
開発途上国の開発計画・政策課題を数量的に分析・評価するために必要な統計を整備する分野や横断型の知的マネジメントを研究課題としております。アジアでの地域統合(クロスボーダー)問題やインフラ整備によるインパクトを数量的に明らかにする課題を取り組みながら広域地域協力のあり方について研究しております。
【研究成果】
京都大学 教育研究活動データベース