教員紹介

京都ものづくりバレー構想の研究と推進 (JOHNAN)講座 客員教授今庄 啓二

【専門分野】
ベンチャーファイナンス、新規事業開発、経営戦略
【担当科目】
事業デザイン論
【経歴】
京都大学工学部合成化学科卒。慶應義塾大学大学院経営管理研究科修了(MBA)。鐘淵化学工業(現カネカ)で電子材料の研究開発、新規事業開発を担当後、フューチャーベンチャーキャピタルにて投資担当者等を経て、2011年代表取締役社長。2017年会長退任。現在、内田洋行、大阪油化工業、JOHNAN社外取締役。関西学院大学大学院客員教授等。
【主要論文・著作】
『ベンチャー企業の創出、育成の可能性と課題』(「地域開発」、2017年12・1月号)
【メッセージ】
大手メーカーでの研究開発、新規事業開発担当及びベンチャーキャピタリストとして各15年以上、さらに上場企業経営者としての経験をもとに、ベンチャー創出、オープンイノベーションの仕組みを再考察し、本講座を通じ、京都を世界に羽ばたく「ベンチャーの都」とする方策を探りたいと思います。