教員紹介

京都ものづくりバレー構想の研究と推進 (JOHNAN)講座 特定助教高瀬 進

【専門分野】
アントレプレナーシップ、大学発ベンチャー、組織行動論
【担当科目】
事業デザイン論
【経歴】
1994年神戸大学工学部システム工学科卒。2013年神戸大学大学院経営学研究科博士課程修了。博士(経営学)。山口大学技術経営研究科、京都大学工学研究科ロボティクス研究室を経て、現職。
【主要論文・著作】
『大学発ベンチャー起業家の「熟達」研究 瀧和男のライフヒストリー』(中央経済社, 2017年)、『エフェクチュエーション』(碩学舎, 2015年)[翻訳・共著]、『大学発ベンチャーか、技術移転か』(日本ベンチャー学会誌, 2013)[共著]等
【メッセージ】
私は、日本における黎明期のラクロスの普及、大学運営支援会社等のスタートアップを手掛けた後、研究の世界に転じて、企業家研究に従事しています。今後は、エフェクチュエーションの研究を軸に、例えば、ロボットやIoTの事業化のアクションリサーチを通じて、理論と実践を架橋する学びを実現したいと思っています。