文部科学省「高度専門職業人養成機能強化促進委託事業」

事業概要

京都大学経営管理大学院は、文部科学省 平成29年度「高度専門職業人養成機能強化促進委託事業」のうち、調査研究テーマ:
経営系専門職大学院(ビジネス分野)におけるコアカリキュラム等の実証・改善に関する調査研究(2017年8月~2018年3月)を受託しました。

設置期間
:2017年8月~2018年3月

担当教員:若林靖永 (経営管理大学院院長・教授)、河野広隆 (経営管理大学院教授)
担当教員:関口倫紀 (経営管理大学院教授)、木元小百合(経営管理大学院准教授)

研 究 員:増谷博昭 (経営管理大学院研究員)

【目的】
平成28年度に策定された経営系専門職大学院(ビジネス分野)におけるコアカリキュラムの実証・改善を行うことにより、経営系専門職大学院(ビジネス分野)の教育の質の向上を図るとともに、教育内容の可視化による社会的認知度の向上を図ることを目的とする。


【概要】
【1】平成28年度「先導的経営人材養成機能強化促進委託事業」において策定された、経営系専門職大学院(ビジネス分野)で学ぶ全ての学生が習得すべきと考えられる学習内容、共通的な到達目標(コアカリキュラム)を、各専門職大学院のカリキュラムと比較・検証を行い、ステークホルダーの参画を得た上で、見直すべき点や追加すべき点について検討し、実証・改善を行う。

【2】本調査研究の進捗状況や成果を報告するため、本調査研究及び本委託事業内で別途実施される調査研究テーマ:経営系専門職大学院(MOT分野)におけるコアカリキュラムの実証・改善に関する調査研究」の実施主体と合同でシンポジウムを開催する。

【3】平成28年度「先導的経営人材養成機能強化促進委託事業」(調査研究テーマ:国内外の経営系大学院及び修了生の実態並びに産業界の経営系大学院に対するニーズ等に関する調査)(以下、ニーズ等調査)で得られた調査結果を分析し、経営系大学院の教育研究の質の向上に関する提言を行う。

 以上の3事業を推進するため、「ビジネス分野コアカリキュラム実証委員会」を設置し、経営系専門職大学院 院長・研究科長等、産業界委員、認証評価関係者などによって構成し、各分野のステークホルダーの参画を得て、本事業の計画検討、総括を行う。
 また、「コアカリキュラム実証委員会」のもとにワーキンググループを設置し、専門職大学院教員、教育分野の有識者等によって構成するコアカリキュラムの実証・改善に関する調査研究ならびに「ニーズ等調査」の総合的分析等を実施する。

 12月にはすべての経営系専門職大学院及び専門職大学院以外の希望する経営系大学院に意見を聞く場として「ビジネス分野コアカリキュラム討論フォーラム(意見聴取)」を開催し、本事業の中間報告の説明と意見交換を行い、翌3月にはMOT分野のコアカリキュラム事業実施主体(山口大学)と合同シンポジウムを開催し、本事業の成果を報告する。 

(参考)文部科学省 先導的経営人材養成機能強化促進委託事業について(報告)
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/koutou/079/gaiyou/1385093.htm

本ウェブページでは、本事業の実施報告、成果物について随時公表いたします。
本事業に関するお問い合わせは下記事務局までお願いいたします。

【お問合せ先】
京都大学 経営管理大学院
「高度専門職業人養成機能強化促進委託事業」事務局
Mail:curri2017*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp(*を@に変えて送信してください)

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp

現在地: Home 文部科学省「高度専門職業人養成機能強化促進委託事業」