本専攻は、修士あるいは専門職学位を取得した後、企業等で高度な実務経験を積み、その経験を通して経営に関する問題意識を持った人を受け入れます。その問題意識をベースに、基本的には3年の在籍期間で博士論文を完成させます。論文完成までの研究を通して培った洞察力等を発揮し広く活躍するグローバルビジネスリーダーを育成します。なお、企業等に在籍したまま、働きながら履修できるよう各種の配慮をします。

 

  3つの専門領域

この博士後期課程では3つの研究領域の1つにおいて専門性を高め、かつ実務に役立つ総合性を身につけるための指導を受けることになります。

 ┃実践ファイナンス領域
<育成する具体的人物像>

・実際の金融証券市場のあり方を踏まえて、ファイナンス領域に関する海外市場の現状を熟知し、かつ実践的に分析でき、独自の発想に基づきファイナンス戦略を設計し実践できる人材。
・自身の戦略を海外の専門家に英語でロジカルに説明し、専門的な交渉解決能力を有する人材。

┃サービス・イノベーション&デザイン領域
<育成する具体的人物像>
・サービス経済の進展に鑑み、企業・公的機関が直面する種々のサービス高付加価値化の課題に対して、グローバルな見地からサービス活動の観察・分析・評価の研究を行い、独自のサービス価値創造フレームワークの構築、検証を行える専門人材。
・海外のサービス経営専門家に対して、説明・説得を行える人材。さらに、様々な領域におけるビジネス展開において、デザインという視点でビジネスをリードし、イノベーションを起こせる専門人材。


┃プロジェクトマネジメント領域
<育成する具体的人物像>
・国内外の大型プロジェクトに関わる資金調達、入札、契約管理、紛争解決、運用、維持管理のためのマネジメント技術に関する理論・実証分析をできる能力を有する人材。
・大型プロジェクトにおけるリスク構造とガバナンス構造を分析し、その結果を実施管理できる人材。
・国際的な観点で、対象国における法、慣習、社会・経済を学際的に理解し、プロジェクト契約を支える制度基盤を分析できる能力を有する人材。
博士後期課程の概要

  博士後期課程の科目構成

博士後期課程学生は、「博士基礎科目」、「博士専門科目」、「経営科学リサーチ実習」、「経営科学特別演習」をコースワークとして履修します。

「博士基礎科目」は、各研究領域に共通で不可欠な科目とし、1年次に履修します。
「博士専門科目」は、各領域に関わる高度な理論体系を修得することを目的に提供されるもので1~2年次に履修します。
「博士基礎科目」「博士専門科目」合わせて計8単位の修得を必須とします。

「経営科学リサーチ実習」は、ケーススタディ調査研究を通じてビジネスモデルの分析やビジネスケース教材の作成を課すものです。
1~2年次に履修し、計4単位の修得を必須とします。

「経営科学特別演習」は指導教員による研究指導であり、1~3年次を通じ、半期毎にⅠ~Ⅵの単位修得(合計12単位)を必須とします。

なお、1年次終了時に博士論文作成にあたっての学力評価である「予備審査」、2年次終了時に博士論文作成の「資格審査」に合格することが進級要件となります。

この博士後期課程では、研究指導チーム及び専門領域指導チームによる複数の教員での研究指導が行われます。

3年以上在学し、計24単位以上を修得し、博士論文審査に合格することをもって、博士(経営科学)(Doctor of Philosophy in Management Science)の学位が授与されます。

あわせて、多様なバックグラウンドを有する学生を期待していることに鑑み、経営科学に関する十分な基礎的学力が必ずしも十分でないと認められる学生については、経営科学基礎学力アチーブメント科目(経営管理大学院の基礎科目:MBA 基礎科目)として履修を義務付け、その知識や能力についてアチーブメントを確認することとします。単位付与はありません。


20150729 news

 

doctoral program 20181016

 

  院長からのメッセージ

Dean HARA 22006年に経営系専門職大学院(修士課程)としてスタートした京都大学経営管理大学院は、今年2016年4月に新たに博士後期課程を開設しました。
経営科学の研究者を育成する博士後期課程は他にも多数ありますが、本大学院の博士後期課程はそれとは異なるミッション、ゴールを設定しています。
全力でビジネス・社会においてパイオニアとして活躍されている社会人のみなさまにこそ、応募していただきたいと考えています。

そういうみなさんが、本大学院博士後期課程のプログラムに参加して、みなさん自身の高度な経験・実績、そこから得たビジネスのアイデアを、経営科学の最先端と結合させてさらなる探究・創造につなげていくことを期待しています。
みなさんの本大学院での学びと研究が、ビジネス・社会に大きなインパクトを与える経営科学の研究成果となり、そして同時にみなさん自身の新たなキャリアの発展となるように、私たちもともに探究・挑戦します。

京都大学経営管理大学院長 原 良憲

 修了生からのメッセージ
プロジェクトマネジメント領域・博士後期課程 2019年3月修了  村上 啓二さん

murakami 経営管理大学院には論理的思考力と実践力を高め、アカデミックでは経営学の専門家になること、ビジネスでは事業の経営人材になることを目指し入学しました。その結果、研究と論文執筆を通じて、所期の成果が十分に得られたと実感しています。
 経営管理大学院の講師陣はレベルが高く多くの知識を得られたこと、及び共に学ぶ社会人学生が優秀であり刺激を受けたことは、期待以上の効果でした。また、指導教官は学界の第一人者であり、私への指導もサポーティブであったことに感謝しています。指導教官からの導きにより学会や勉強会へ参加し、研究発表や議論を通じて高度な専門人と意見交換できたことは有意義でした。
 研究活動について、1年目前期は基礎科目が中心ですが、1年目後期以降は専門科目へ移行し、専門領域における理論を深め、博士論文作成に向けた準備を進めました。中間審査通過には、1件以上の論文投稿が必要条件となりますが、私は博士論文の構成を想定し、グローバルビジネスジャーナルに査読付論文2件を投稿しました。この段階で査読者からアドバイスを受け、論文をブラッシュアップできたことは有効でした。
 博士論文ついては、如何に独創性を持たせるかが最大の課題でした。既往研究の問題に着眼し、中心命題の新規性を見出し、論証結果の価値を高めることに最も時間を要しました。これに関して、指導教官・副指導教官を始めとする関係者からの指導を受け、完成度を高めることができました。
 社会人として多忙な生活を送りながら研究活動を行うため、タイムマネジメントには苦労しました。然しながら、無事に博士後期課程を修了できた要因は、学術的に価値があり、実践でも通用する論文に仕上げたいという信念を貫き、それを完遂する執念であったと思います。その結果、博士学位を取得し、副代表として学位授与式に出席できたことは、3年間の努力が報われ、至福の喜びを感じる瞬間でした。
 今後は修了生として経営管理大学院の発展に貢献すると共に、ビジネスでも経営人材として活躍できる様努めてゆきたいと考えています。
 最後に、本博士後期課程への入学を検討されている方は、是非積極的にチャレンジしていただきたいと思います。博士学位取得は決して容易な道ではありませんが、その努力は自信に繋がり大きな成果をもたらすと共に、周囲からの評価にも繋がるものと信じています。

 

 

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp