石川 康晴さん

ビジネスリーダーシップ 2017年度修了生
株式会社ストライプインターナショナル 代表取締役社長

 

murao Graduate Voice【数あるビジネススクールの中でGSMを選んだ理由】 
 数あるビジネススクールの中からGSMを選んだ理由としては、「素晴らしい教授陣」と、「珍しい授業」が挙げられます。GSMでは経歴・実績的にも、人間的にもきわめて優れた素晴らしい教授陣との出会いがあります。また、経営戦略やファイナンスなど、MBAで学ぶ学生がビジネススクールに求める様々な理論はもちろん学ぶことができますが、同時に、サービス論などにおいて、世界的な観光都市である京都らしいビジネス理論を学べる事が決めてになりました。

【GSMで学んだこと】
 経営者、プロジェクトマネージャー、管理職、起業家が必要な戦略や分析と、サービス論を中心とした最新のマーケティングや定性的、定量的な分析から成り立つオペレーションを同時に学べた事は財産であると思います。日々、経営をしながら、戦略、分析、マーケティング、オペレーションに関して、全てにおいて高い次元にしない限り会社は成長しないと感じていたため、GSMにおける授業を通じて、沢山の事を解決することができました。京都大学大学院の修士生らしく、経営、事業を通して社会に貢献していきたいと考えております。


【在学中、印象に残った出来事】
 在学中、特に印象に残った取組みとしては、若林ゼミ(WS)における、ファッションのシェアリングエコノミーの研究です。現在、新品を買う、中古を買うサービスしかないアパレル業界において、レンタルサービスの時代を未来予測しながら研究を行いました。社会に浸透していないファッションのレンタルサービスをどのようにマーケティングを使い浸透させるか、どのように会員分析をするか、どのようにファイナンスを組み立てるかに関して、担当教授のアドバイスを数多く頂きながら研究を進めました。そして、実際に、このファッションのシェアリングエコノミーの研究が、現在自ら経営する会社の新しいサービス開発に繋がっており、自身が研究した結果が実際のビジネスの現場において直接的に活用できている点において、特に印象に残った取組みです。

【授業以外に取り組んだこと】 
 授業以外に取り組んだ事は、GSMで学んだことを自ら人材教育において活用するために、「教える」という取組みを積極的に行いました。具体的には、自社の社内研修の一環として、「ストライプMBA」という幹部候補生向けの人材教育プログラムを立ち上げて、経営戦略やマーケティングなど将来的に経営人材となるに当たって必要な知識や理論を伝えることで将来の幹部の育成を強化しました。また、私の地元である岡山県の若い経営者に向けて、「岡山経営塾」を開催して、今後の岡山県、日本を担う人材の育成に力を注いでいます。どちらのプログラムにおいても、GSMにおいて学んだ、様々なビジネス理論やフレームワークを用いて、「教える」という取組みを実践しています。

【入学希望者へ向けてのメッセージ】
 世界や日本には、様々なビジネススクールがありますが、素晴らしい歴史や文化のある京都の町の中で、自らが興味のあるビジネス理論を選択しながら、素晴らしい教授陣のもと、自ら学べる環境が京都大学にはあります。また、一緒に学び、成長できる仲間との出会いもあります。ぜひ、京都大学で自らの成長にチャレンジして、ともに世界、日本に貢献していきましょう。

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp