2018.7.14 仮想通貨の現状と動向 ー 会計と税制に与える影響 ー

【概要】
近年、マスコミ報道などで仮想通貨やブロックチェーンを含むフィンテックに関する話題を取り上げることが増えました。フィンテックは、我々の日常生活はもちろん、世界経済全体に大きな影響を与えるともいわれています。そこで、日本銀行初代FinTechセンター長を務められた岩下直行 教授による仮想通貨の現状と動向に関しての講演を行います。後半のQ&Aセッションでは、会計専門家の徳賀芳弘 教授を交えて、会計に与える影響について議論を行います。さらに、仮想通貨に関係する税務上の取り扱いについて佐藤善恵氏より追加説明を行います。

【日時】
2018年7月14日(土)

【対象】
公認会計士・税理士・研究者・学生・その他テーマに関心がある方

【場所】
百周年時計台記念館国際交流ホール1

【担当教員】
教授 徳賀 芳弘

【参加費】
不要

【申し込み方法・問い合わせ先
事前に①名前、②会社名・職業、③TEL、④E-mailを入力の上、下記までメールで参加申し込み、または電話で申し込み。 
京都大学会計人会事務局

公認会計士谷口隆義事務所内
TEL:06-6397-3000
E-mail:taniguchi-office03*apricot.ocn.ne.jp(*を@に変えて送信してください。)
HP:http://kyodai-kaikeijinkai.com

【主催】
京都大学会計人会
京都大学大学院経営管理研究部

※詳細はこちら

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp