2018.9.14 「海外M&A研究会」を開催しました

 京都大学経営管理大学院は、2018年9月14日、時計台記念館にて、海外M&A研究会を開催しました。本研究会は、科研費「海外M&Aの成否に関する定量的・定性的研究」の一環として、研究成果を共有することを目的に催されました。
 研究会には、海外M&Aを用いて事業を世界トップクラスに育てた11社が参加しました。当日は、本学の松本茂特命教授が1985年から2011年に実行された海外買収258件の成否評価について報告を行いました。そして、DMG森精機の玉井宏明副社長、グローリーの原田明浩取締役常務執行役員、ダイキン工業の足田紀雄執行役員経営企画室長、日本板硝子の梯慶太執行役員人事部アジア統括部長、そして堀場製作所の福島武史HORIBA MIRA会長が、買収後の経営の実践についてプレゼンテーションを行い、参加者の間で活発なディスカッションが行われました。

Tamai DSC 0037
◆DMG 森精機株式会社 取締役副社長 玉井宏明氏による
 プレゼンテーションの様子


Harada DSC 0062
◆グローリー株式会社 取締役常務執行役員 原田明浩氏による
 プレゼンテーションの様子

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp