2018.10.26 エグゼクティブセミナー「日産自動車・ルノー・三菱自動車によるグローバルアライアンスと相乗効果」を開催しました

京都大学経営管理大学院は、2018年10月26日、ルノー・日産自動車・三菱自動車アライアンスのシニアヴァイスプレジデント、Ashwani Gupta氏をお迎えし、グローバルアライアンスと相乗効果に関する講演会を時計台記念館で開催しました。Gupta氏は、10のブランドを擁し、200ヵ国で年間1,060万台を販売するアライアンス3社が年間57億ユーロの相乗効果を生み出すプロセスについて、LCV(商用車)事業を例にして紹介しました。質疑応答のセッションでは、グローバル経営における異文化の克服や、アライアンスとカ二バリゼーションの関係などについて、活発なディスカッションが行われました。本講演は海外M&A寄附講義の一環として開催され、松本茂特命教授がモデレータを務めました。

DSC 0034 2
◆講演するAshwani Gupta氏


group photo
◆記念撮影

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp