●京都大学経営管理大学院同窓会 運営規約

平成30年10月27 日 総会資料

第1条(会の目的)本会は先端的なマネジメント研究と高度に専門的な実務の架け橋となる教育体系によって養成された個性ある人材たる本会会員が母校の理念に即し幅広い分野で指導的な役割を果たし地球社会の多様かつ調和のとれた発展に貢献することを支援し促進するための場として下記を提供する。
1.母校との連携の場
2.実務家は最先端の研究を知り研究者は実務の最前線を知る産学連携の場
3.幅広い世代間における縦の連携および同世代間における横の連携の場
4.幅広い分野での指導的な役割を果たす人材との連携の場
5.地球社会の多様かつ調和のとれた発展に貢献する人材との連携の場

第2条(名称) 本会の名称を以下の通りとする。 京都大学経営管理大学院同窓会

第3条(所在地) 本会を以下に置く。 〒606-8501 京都市左京区吉田本町

第4条(構成員) 本会は下記の者を以て組織する。
1.京都大学経営管理大学院修了生
2.京都大学経営管理大学院教員及び元教員
3.その他、本会役員全員が認めたときには会員とすることができる。

第5条(役員) 本会に以下の役員を置く。 会長1 名、副会長若干名、理事若干名、監事 2名。 役員の任期は 2 ヶ年とする。但し、重任は妨げない(会長については 2 期を目途とする)。 会長は本会を代表し、会務を総理する。副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはそ の職務を代行する。 会長、副会長、理事、監事は理事会を構成する。理事は互選により理事中の若干名に常務理事を委嘱することができる。常務理事は本会の常務処理にあたる。監事は本会の会計を 監査する。

第6条(運営) 理事会は本会を運営するための重要事項を審議し、運営案を決定する。特に重要な事項に ついては、総会に運営案を諮る。 本会は必要に応じ支部を置くことができる。 年次別グループ、企業別グループ等に幹事を置くことができ、幹事会を基本連絡組織とする。会長が必要と認めたときには随時、幹事会を開くことができる。 本会は毎年 1 回会員総会を開催する。但し、会長が必要と認めたときは臨時総会を開くことができる。総会に付議しなければならない事項は下記の通りである。なお、総会における決定は出席者による多数決による。
1.役員の選任
2.規約の制定及び変更
3.予算の決定及び決算の承認
4.会費の拠出及びその徴収方法
5.その他特に重要な事項

第7条(規約改正) 本会の運営に規約改正が必要な場合は、会員の話し合いにより定める。

第8条(経費) 本会の経費は会員の会費、寄付金、その他の収入を以てこれに充てる。

第9条(会計年度) 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年 3月31日に終わる。

 






Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp