京都大学経営管理大学院、札幌駅前通まちづくり株式会社及び全国エリアマネジメントネットワーク設立準備会は、平成27年9月10日(木)、「エリアマネジメントシンポジウム2015 in札幌」を開催しました。

 本シンポジウムは、北海道で生まれている、いくつかのエリアマネジメントの萌芽を共有し、全国への展開を目指し、議論、交流を深めることを目的として、京都大学経営管理大学院光亜興産官民共同まちづくり実践講座が進める「全国エリアマネジメントリレーシンポジウム」の始まりとして北海道で開催されました。

 第1部では、国土交通省都市局横山征成まちづくり推進課長の来賓ご挨拶と、北海道大学小林英嗣名誉教授の基調講演に続き、法政大学保井美樹教授の進行のもと、札幌駅前通まちづくり株式会社白鳥健志代表取締役社長、札幌大通まちづくり株式会社服部彰治取締役総務部長、ニセコひらふCID/BID検討委員会田中義人共同代表、株式会社まちづくり五稜郭青田基代表取締役会長に参加いただき、パネルディスカッション1「北海道のエリアマネジメント」が行われました。

 第2部では、本大学院御手洗潤特定教授の進行のもと、仙台駅東エリアマネジメント協議会足立千佳子事務局長、NPO法人大丸有エリアマネジメント協会中村修和事務局長、梅田地区エリアマネジメント実践連絡会植松宏之前事務局長に参加いただき、パネルディスカッション2「全国のエリアマネジメント(取り組みと連携)」が行われました。

 そして最後に、横浜国立大学小林重敬名誉教授のクロージング講演が行われました。

  当シンポジウムでは、エリアマネジメント団体間の連携・交流の促進によるエリアマネジメントの認知度の向上や人材育成、エリアマネジメントによる公共的施設・空間の利活用の重要性を改めて認識する機会となりました。当日は、エリアマネジメント団体関係者や行政関係者等約160名が参加し、盛会のうちに終了しました。

 [開催目的]

 エリアマネジメント活動 は行政だけ、民間だけというだけでは成長せず、「公」と「民」が連携することにより、双方が抱える課題を共有し、エリアの特性を理解することで、地域価値を高める活動が行えるのではないかと考えます。こうした活動の意義や内容について、道内のまちづくり団体、全国のエリアマネジメント組織・国・地方自治体 で共有していくため、本シンポジウムを開催しました。

 [プログラム]

  <主催者挨拶>

   札幌駅前通まちづくり株式会社  白鳥健志 代表取締役社長

 <来賓挨拶>

   国土交通省都市局 横山征成 まちづくり推進課長

 <基調講演>

   北海道大学 小林英嗣名誉教授 (一般社団法人都市・地域共創研究所代表理事)

 <セッション1 北海道のエリアマネジメント>

  コーディネーター:

   法政大学 保井美樹 教授 (全国エリアマネジメントネットワーク準備委員会)

  パネリスト:

   札幌駅前通まちづくり株式会社 白鳥健志 代表取締役社長

   札幌大通まちづくり株式会社 服部彰治 取締役総務部長

   ニセコひらふCID/BID検討委員会 田中義人 共同代表

   株式会社まちづくり五稜郭 青田基 代表取締役会長

 <セッション2 全国のエリアマネジメント(取り組みと連携)>

  コーディネーター:

   京都大学経営管理大学院 御手洗潤 特定教授

  パネリスト:

   仙台駅東エリアマネジメント協議会 足立千佳子 事務局長

   NPO法人大丸有エリアマネジメント協会 中村修和 事務局長

   梅田地区エリアマネジメント実践連絡会 植松宏之 前事務局長

 <クロージング講演>

   横浜国立大学 小林重敬 名誉教授 (一般財団法人森記念財団理事長)

 [主催]

  札幌駅前通まちづくり株式会社

 [共催]

  京都大学経営管理大学院、全国エリアマネジメントネットワーク設立準備委員会

 [後援]

  国土交通省北海道開発局、北海道、札幌市、公益社団法人日本都市計画学会、NPO法人日本都市計画家協会

 [日時]

   2015年9月10日(木)13:00-16:30

 [会場]

   札幌市:TKP札幌ビジネスセンター赤れんが前 

 [主催者挨拶]

 札幌駅前通まちづくり株式会社白鳥健志代表取締役社長より主催者挨拶を頂きました。

 IMG 8234.jpg白鳥

 札幌駅前通まちづくり株式会社 白鳥健志 代表取締役社長 主催者挨拶概要はこちら

[来賓挨拶]

国土交通省都市局横山征成まちづくり推進課長より来賓挨拶を頂きました。

IMG 8236.jpg横山

国土交通省都市局 横山征成 まちづくり推進課長 来賓挨拶概要はこちら

 [基調講演]

 都心まちづくり再考 The Sapporo SP V3」について、北海道大学小林英嗣名誉教授より基調講演を頂きました。講演では、現在までの札幌都心におけるエリアマネジメントの変遷について解説を頂き、今後の発展を見据えたエリアマネジメントのあり方について問題提起を頂きました。

IMG 8238.jpg小林英嗣 

「都心まちづくり再考 The Sapporo SP V3」北海道大学 小林英嗣 名誉教授 講演概要はこちら

「都心まちづくり再考 The Sapporo SP V3」北海道大学 小林英嗣 名誉教授 講演資料はこちら(資料の無断転載・無断利用を禁じます。)

[第1部]

 「北海道のエリアマネジメント」と題し、道内の4つのエリアマネジメント団体の活動状況の説明の後、法政大学保井美樹教授のコーディネートのもとパネルディスカッションが行われました。本パネルディスカッションでは、エリアの将来像の共有、その実践のための担い手の創出、行政を含めた外部への提案等がエリアマネジメント団体に共通の重要な役割であること、これらの活動のための財源のビジネスモデルや公共空間の活用について、様々な工夫が凝らされている一方更なる発展が必要であること等が認識されました。

 パネリスト:

   札幌駅前通まちづくり株式会社  白鳥健志 代表取締役社長

   札幌大通まちづくり株式会社 服部彰治 取締役総務部長 

   ニセコひらふCID/BID検討委員会田中義人 共同代表 

   株式会社まちづくり五稜郭 青田基 代表取締役会長 

 コーディネーター:

   法政大学 保井美樹 教授

セッション1.1.jpg保井   セッション1.2.jpg複数

パネルディスカッション「北海道のエリアマネジメント」概要はこちら

[第2部]

 「全国のエリアマネジメント」と題し、全国の3つのエリアマネジメント団体の活動状況の説明の後、京都大学経営管理大学院御手洗潤特定教授コーディネートのもとパネルディスカッションが行なわれました。本パネルディスカッションでは、公共空間の利活用について、工夫を凝らして道路空間の利活用に取り組んでいる先進事例が多くみられることから、公共空間の利活用をさらに推進していくことがさらなるエリアマネジメントの発展につながると認識されました。また、エリアマネジメントの認知度向上や広範な参加を促すための地道な活動を含む各種取組と、人材育成やエリアマネジメントの全国的なムーブメントを起こしていくためのエリアマネジメント団体の連携交流及び発信の強化の重要性が確認されました。

パネリスト:

   仙台駅東エリアマネジメント協議会 足立千佳子 事務局長 

   NPO法人大丸有エリアマネジメント協会 中村修和 事務局長 

   梅田地区エリアマネジメント実践連絡会 植松宏之 前事務局長 

 コーディネーター:

   京都大学経営管理大学院 御手洗潤 特定教授

セッション2.1.jpg新御手洗 セッション2.2.jpg新複数 

パネルディスカッション「全国のエリアマネジメント(取り組みと連携)」概要はこちら

 [クロージング講演]

 現在のエリアマネジメント推進のための各種検討状況」について、横浜国立大学小林重敬名誉教授よりクロージング講演を頂きました。講演では、エリアマネジメントの萌芽の到来に対する、新たな制度への取り組み状況についてお話を頂きました。

 IMG 8308.jpg小林重敬

「現在のエリアマネジメント推進のための各種検討状況」北海道大学 小林重敬 名誉教授 講演概要はこちら

[閉会挨拶]

本大学院御手洗潤特定教授が閉会挨拶を行いました。 

IMG 8311.jpg閉会挨拶 

京都大学経営管理大学院 御手洗潤 特定教授 閉会挨拶概要はこちら

Contact Us

京都大学大学院経営管理教育部
経営管理大学院掛

 〒606-8501
 京都市左京区吉田本町

TEL: 075-753-3410
FAX: 075-753-3529

E-mail:
keieikyomu@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp