京都大学経営管理大学院 観光経営科学コース

代表的な科目

1.観光経営に関連する科目

観光経営に関連する科目を開発しています。そのうちのいくつかについての授業の概要を示します。ただし、内容は毎年の授業スケジュールで変更されますことがあります。

(1)ツーリズム産業論

訪日外国人旅行者数の伸びは予想をはるかに上回り、たとえば東京五輪の2020年の目標であった2000万人は、2015年度にほぼ達成され(1974万人)、2016年度には2400万人を、2017年には2800万人を、2018年には3100万人を超えた。2020年目標は4000万人にまで上方修正されるなど、今や次代の日本を担う産業としての注目を集めている。
一方で、世界的にみるとまだまだ日本の集客の潜在力を活かせていないことや、インフラやマインドの点で受入れ環境が心もとないこと、オーバーツーリズム対応など、課題も山積している。また、日本国民の海外旅行、国内旅行もまだまだ成長の余地がある。
本寄附講義では観光について造詣の深い有識者やツーリズム産業界のトップマネジメントを客員講師として招聘し、理論面とともに実務面からもツーリズム産業の実態を概観することで、観光による地域活性化やツーウェイツーリズムの必要性など今後のツーリズム産業のあり方を考察することができる人材育成をねらいとする。

ゲストスピーカーの例
日本政府観光局(JNTO)、京都市長、テーマパーク(関東)、テーマパーク(関西)、オンライン旅行会社、航空会社(フルサービスキャリア)、鉄道会社、航空会社(ローコストキャリア)、宿泊関連業者、地方自治体観光国際戦略担当顧問、旅行関連研究所、MICE推進団体

(2)デスティネーション・マネジメント論

「観光立国」を掲げるわが国において、訪日外国人の急増、観光による地方創生といった背景により、デスティネーション・マネジメント(観光地域経営)の必要性が認識されるようになり、政府はDMO登録制度を設け、その形成・確立に向けた支援に取り組んでいる。しかしながら、現段階でデスティネーション・マネジメントを具体的に実践していく手法について、わが国では体系的に整理されていない。本講義では、欧米におけるデスティネーション・マネジメントの概念を整理した上で、デスティネーション・マネジメントおよびマーケティングの手法や事業の組み立てについて具体例を交えながら学ぶことで、DMOのCEOやCMOが担える程度の知識とノウハウを身につけることを到達点としている。

(3)観光事業戦略論

ホテルに代表されるホスピタリティ・観光産業は、とかく「おもてなし」に代表される接遇の巧緻によって評価されることが多い。しかし本来は他産業と同様、その事業性によって評価されるべきである。また国土交通省、古くは鉄道省の主導により観光業が推進されてきた日本特有の背景により、観光需要の受け皿としてのハコモノ不動産の建設が優先され、そもそもの事業性、採算性という大原則が後回しとなってきた。それがホスピタリティ・観光産業の経営というものを熟成させる機会を逸していた主要因でもあったが、本科目では、そういった日本特有の産業特性も踏まえ、「一般的な」経営アプローチをベースに、具体的な事例を用いながら、ホスピタリティ・観光産業への適用について理解を進め、実社会における経営手法について習熟を図ることとする。具体的な事例紹介では、実際に中心的な立場で関与した実務家を適宜招聘予定。本科目の終盤では、協力企業による具体的な経営課題に対する解決提案、およびその方策の具体的実施を指向する。

(4)観光と老舗

観光産業は伝統的なサービス産業のひとつの象徴である。一方で老舗は、狭義のサービス業に限らずものづくりを生業としている場合も多いが、地域に根付きながら長年にわたって価値を創造し続けている存在である。こうした意味で、観光と老舗がともにもつ地域性と伝統性とに焦点を合わせ、概観することがこの科目の目的である。

(5)Global Tourism and Hospitality Management

The course is designed to provide students with an understanding of tourism and hospitality management from a global perspective. The last several years, foreign visitors to Japan far exceeded expectations due in part to Asia's economic growth, an emerging middle class and the weaker yen. Inbound tourists reached 24 million in 2016 - nearly tripling since 2012 and exceeding the initial 2020 target of 20 million. Asian tourists accounting for more than 80 percent of the growth and China is the biggest visitor and spender. Overall, similar to visitation increases, tourism spend has increased. In 2016, a total of Y3.75 trillion was spent in Japan by international tourists. Yet, despite these dramatic gains, based on global standards, there is room for improvement to attract more visitors and grow tourism- and hospitality-related revenue by building both infrastructure (hardware) and developing people (software) to deliver a sustainable competitive advantage. With services reportedly comprising over 70 percent of Japan's GDP, Japanese domestic and outbound tourism offers strong market potential for the forseeable future.

Day 1: “The Big Picture” The Market: Current and Emerging Consumer Behavior Trends

Day 2: “The Game Changer” Technology and Information Management: Impact on Global Tourism and Hospitality Management

Day 3: “Strategic Hospitality Management” Building Sustainable Competitive Advantage: Leadership Challenges and Opportunities

(6)京都観光・文化論

名実ともに日本の観光をリードする京都において観光経営を学ぶことは意義深い。とりわけ、観光の文化的・歴史的な側面の教養を身につけることは、今後、観光経営の実践者あるいは地方創生のリーダーとして活躍するうえにおいて、極めて有用であると考えられる。京都観光に関わる各回の有識者を招いて、観光の文化・歴史を考える。

講師の例
京都府立大学教授・京都和食文化研究センター所長 宗田 好史 氏
京町家再生研究会 小島 冨佐江 氏
妙心寺 春光院 副住職 川上 全龍 氏
儀式作法研究会代表・京都検定講師 岩上 力 氏
華道家元池坊 次期家元 池坊 専好 氏

2.サービス経営学に関する科目

サービス経営学に関する科目も学べます。下記はその代表例となります。

(1)サービス経営論

サービスは、顧客の価値を一緒に作り出すビジネスである.そのために、サービスのマネジメントには、独自の経営原理が存在する。この授業では、サービスの本質、マーケティングの特性、サービスのデザイン、生み出す組織作り、イノベーションの仕組みについての基本的なマネジメントの考え方を理解する。

(2)サービスビジネスモデル分析

サービス経営のベストプラクティスのビジネス・ケースについて学ぶこととする。

本講義では、産業のサービス化とサービス領域の拡大を前提とし、広義のサービスにおける価値創造の方法について理解するためのフレームワークと事例を学生に提供することを目的とする。サービスのビジネスモデルは刻々と進化し、国際的な競争を行っている。国際的な視野を持ち、サービス先進事例、特におもてなしのあり方に関する情報収集と分析能力を高めることが、国際的な競争力や生産性を高める上で必要である。代表的なサービス経営事例に関して、経営者や現場担当者から講演をしてもらい、そのビジネスモデルの特徴と競争力を分析する。

(3)ビジネスコンサルティング実務

本授業は、ビジネスコンサルティングとは何かを初学者が体験する授業であるビジネスコンサルティング手法に関する講義を行い、それを踏まえた個人ワーク、グループワークにより、コンサルティング業務を実践し、その理解をすすめ、コンサルティングスキルを何かを理解する。講義・実習の多くについては、代表的なコンサルティング企業アビームコンサルティング株式会社のその中で企業変革の現場で活躍している戦略コンサルタントが担当する。テーマは、企業経営に関わることのみに限らず、社会課題の解決(社会的イノベーション)、スポーツと経営などの身近なものまでを広範囲に扱う。

(4)サービス新規事業開発

新規サービス事業の開発をテーマにした実習型授業である。新規事業開発の基本的な手法、サービス業界での代表的な事例分析、異業種チームによる開発過程の経験をする。指導チームは、ベンチャーキャピタリストを交えたものを編成し、ベンチャー起業家やベンチャー論研究者を招聘した授業も行う。
基本的には、次のように展開する。

  • 新規事業開発論、チームビルディング
  • ベンチャー起業家とワークショップ、ビジネスモデル概論
  • ベンチャー企業ビジネスモデル開発ケースの分析
  • 事業創造のライフサイクルと事業評価の要点
  • 投資決定概論、チーム事業案発表