最新のイベント

2019年02月19日開催
【主催】2019.2.19 第17回 京都ものづくりバレー研究会
2019年02月22日開催
【共催/後援/協賛】京都大学観光MBA 特別講座 観光業界の経営実践セミナー
2019年02月23日開催
【主催】23-24.February 2019 Social Fabrics Dialogues on Craftsmanship and the Ethics of Design Between Italy and Japan
2019年02月24日開催
【主催】23-24.February 2019 Social Fabrics Dialogues on Craftsmanship and the Ethics of Design Between Italy and Japan
2019年02月27日開催
【主催】シンポジウム「岐路に立つ我が国のIT人材育成 ―大学と産業界が協働して創る新たな教育の方向―」
2019年02月28日開催
【主催】2019.2.28 京都大学経営管理大学院主催・みずほ証券株式会社共催シンポジウム 『デジタル社会とホスピタリティー ―京都大学・コーネル大学国際連携コースの開設にあたって―』
2019年03月01日開催
【共催/後援/協賛】2019.3.1-3.2 京都大学サービスMBA入門プログラム 東京セミナー
2019年03月02日開催
【共催/後援/協賛】2019.3.1-3.2 京都大学サービスMBA入門プログラム 東京セミナー
2019年03月19日開催
【共催/後援/協賛】京都大学スプリングデザインスクール 2019
2019年03月29日開催
【招待講演】The Negotiation Challenge 2019 (schedule to be released)
2019年03月30日開催
【招待講演】The Negotiation Challenge 2019 (schedule to be released)
2019年04月04日開催
【教員主催/学生向け】What’s the next BIG THING? With innovation radar through the FinTech jungle
2019年04月10日開催
【教員主催/学生向け】Platform Business Models in Technology
2019年04月19日開催
【教員主催/学生向け】Role Playing in Training Simulations - to the hilt !

イベントカレンダー

2月 2019
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 1 2

イベントは但し書きが無い限り、経営管理大学院生のポイント対象になります。

2013年度開催イベントのイベント番号はKULASIS (教務厚生情報>講演会等イベント関係>2013年度イベントカレンダー) へ掲載しています。

イベント報告記事やニュース記事は、経営管理大学院HPに掲載しています。こちらからご覧ください。

  イベント報告
  ニュース

 

 

K.A.Files(研究成果)

K.A.Filesとは、京都大学経営大学院の教員や在籍学生の知の発信と保存を目的として、国内外の誰もがアクセスし利用できるようにWeb上で公開するシステムです。
調査・研究活動などの学術的資産を収集・蓄積し、現在約50件の学術情報を閲覧することができます。
また、K.A.Filesは、京都大学学術情報リポジトリKURENAI「紅」とも連携し、より効果的な検索を可能にしています。

産官学連携型ビジネス教育・研究

 

共同研究講座

 共同研究契約に基づく研究に特化した講座を京都大学の中に設置し、部局長の責任体制の下で効率的な運営と専任教員による確実な共同研究の進展を目指すものです。

受託研究・受託研究員

 本学が企業等から委託を受けて研究を行ない、その研究成果を委託者に報告する制度です。研究成果は原則として本学に帰属することとなります。
受託研究員は企業等から現職の研究者や技術者を受け入れ大学院レベルの研究の機会を提供し、その能力の向上を図る制度です。

客員講座

 研究の高度化及び教育研究の多様化を図るため、学外の研究機関等の研究者や実務の最前線で活躍中の専門家を大学に受け入れ、本学の教員と協力して教育研究を行なう制度です。

 

寄附金・寄付講座

 企業、個人、地方公共団体、財団法人などから本学に寄附をいただき、学術研究や教育の充実・発展のために活用する制度です。
寄附講座では、大学院内に講座を設置して教員を配置し、組織的な教育活動を行ないます。またその成果を大学院の授業に活用します。
寄附していただいた方の名称を付した「冠講座」とすることができます。

寄附講義

 企業、個人、地方公共団体、財団法人などから本学に講義開催のための寄附をいただき、教育の充実・発展のために活用する制度です。
寄附していただいた方の名称を付した「冠講義」とすることができます。

 

WEBリンク

case

 (学内専用)

現在地: ホーム