1年半コース

1年半コースについて

本コースは、既に公認会計士や証券アナリストなどの専門資格や会計やファイナンス関連で専門的なキャリアを有しているものを主たる対象にした、標準年限が1年半のコースです。入学時期は10月です。
日本経済・日本企業の状況の変化に対応して、ファイナンス関係の分野における専門家、会計の知識を有した高度金融人材を養成することが求められています。
ファイナンスと会計の両分野にまたがる専門的能力を開発することで、ファイナンスに強い公認会計士やアカウンティングに強いファイナンシャルエキスパートを育成すると共に、アカウンティングとファイナンスに関する高度な知識を有し民間団体やNPOで活躍する人材の育成を目指します。
本コースでは、ファイナンス・会計プログラム以外のプログラムを選択することは出来ません。
本コースの入試においては、ファイナンス・会計分野の専門家としての職業経験について評価します。

ファイナンス・会計プログラム

金融工学・ファイナンス関係の知識と会計の知識をあわせ持つ専門家を養成するプログラム。既に公認会計士や証券アナリストなどの専門資格や会計やファイナンス関連で専門的なキャリアを有しているものを主たる対象とします。

ファイナンスと会計の両分野にまたがる専門的能力を開発することで、ファイナンスに強い公認会計士やアカウンティングに強いファイナンシャルエキスパートを育成すると共に、アカウンティングとファイナンスに関する高度な知識を有し民間団体やNPOで活躍する人材の育成を目指します。

日本経済・日本企業の状況の変化に対応して、ファイナンス関係の分野における専門家、会計の知識を有した高度金融人材を養成することが求められています。
既に活躍している公認会計士、税理士などの専門家にファイナンスの専門知識に関する研修、アナリストなどの金融人材に対する会計の専門知識に関する研修の場が是非とも必要になっています。
この要請に応えて作られた新しいMBA教育プログラムを履修するために、公認会計士、税理士、アナリスト、アクチュアリー、金融庁、国税勤務経験者など既に専門家として社会で活躍中の人を対象にした10月入学の特別コースの選抜試験を行っています。専門職の皆さんのチャレンジを期待しています。

1年半コースの修了要件

標準修業年限は1年6月で、修了に必要な単位数は38単位です。
修了に必要な科目構成は以下の通りです。

基礎科目
6単位以上
専門科目
プログラム指定科目群から8単位以上の履修を含む20単位以上
実務科目
プログラム指定科目群から4単位以上の履修を含む8単位以上
発展科目
2科目4単位以上 (ただし、ワークショップⅠとⅡの履修が必要)

また、特別講演、留学及びインターンシップ等に参加、または学会及び研究会での発表した実績に応じたポイントを15ポイント以上獲得することを、ワークショップⅡの単位修得するための必要条件とします。(ポイント制度)

  • 各半期に履修できる単位の上限は24単位とします。
  • 修了要件として、修士論文の提出は必要ありません。
  • 入学資格の職業等により、以下の基礎科目については、履修しても修了に必要な単位に含めません。
    公認会計士(日本)…会計学、組織行動、経営戦略
    公認会計士(米国)…会計学
    税理士…会計学
    証券アナリスト(日本・米国・国際共)…マクロ経済、会計学、ファイナンス
    アクチュアリ(日本・米国共)… 会計学、統計分析
    国家Ⅰ種(財務省・金融庁)…ミクロ経済、マクロ経済
  • 基礎科目については、定期試験とは別にアチーブメントテストを後期に実施します。また、履修登録をして単位取得に至らなかった者については追試合格として単位を認定します。
  • 京都大学の他研究科で修得した科目は、6単位まで修了単位 (専門科目 (各プログラムの指定科目外)) に含めます。

上記については、変更される可能性があります。変更が生じた際には入学手続時に案内します。

時間割・シラバス