京都大学・コーネル大学国際連携コース

京都大学・コーネル大学国際連携コース

京都大学・コーネル大学国際連携コース(Kyoto-Cornell International Collaborative Degree Opportunity: KC-CDO)は、京都大学経営管理大学院と米国コーネル大学 School of Hotel Administration, Cornell SC Johnson College of Businessが連携して行う2年間の修士課程です。2019年4月よりスタートしました。経営管理とホスピタリティを同時に学べるカリキュラムにより、国際的な高度人材の育成を目指します。教授陣は、リーダーシップ、ホスピタリティ、マーケティング、AI・ITマネジメントなど多岐の分野にわたる研究者に加え、産業界の第一線で活躍する専門家により構成されています。

本コースでは、標準修学年数2年間のうち1年間を京都大学で、もう1年間をコーネル大学で過ごすこととなります。本コースの修了により、京都大学よりMBA (Master of Business Administration)、コーネル大学よりMMH (Master of Management in Hospitality)の2つの学位が取得できます。修了生は、種々の業界において、ホスピタリティマインド(人間力)のあるリーダー人材として認められることになります。

コースに関するより詳しい情報は以下専用ウェブサイトをご覧ください
Kyoto-Cornell International Collaborative Degree Opportunity (KC-CDO)

特色

  • 京都大学およびコーネル大学より2つの学位を2年間 (4セメスター) で取得
  • 両大学のキャリアマネジメントリソースを活用
  • 両大学の強力な修了生ネットワークへの加入
  • 京都と米国ニューヨーク州イサカ、2つの学術都市での学生生活

学位

  • MBA (Master of Business Administration) from the Graduate School of Management in Kyoto University
  • MMH (Master of Management in Hospitality) from the School of Hotel Administration, Cornell SC Johnson College of Business

時間割・シラバス