京都大学・コーネル大学国際連携コース

京都大学・コーネル大学国際連携コース

京都大学―コーネル大学国際連携コース(Kyoto-Cornell International Collaborative Degree Opportunity: KC-CDO)は、京都大学経営管理大学院と米国コーネル大学 School of Hotel Administration, Cornell SC Johnson College of Businessが連携して行う2年間の修士課程です。2019年4月よりスタートしました。
経営管理とホスピタリティを同時に学べるカリキュラムにより、国際的な高度人材の育成を目指します。教授陣は、リーダーシップ、ホスピタリティ、マーケティング、AI・ITマネジメントなど多岐の分野にわたる研究者に加え、産業界の第一線で活躍する専門家により構成されています。

本コースでは、標準修学年数2年間のうち1年間を京都大学で、もう1年間をコーネル大学で過ごすこととなります。本コースの修了により、京都大学よりMBA (Master of Business Administration)、コーネル大学よりMMH (Master of Management in Hospitality)の2つの学位が取得できます。修了生は、種々の業界において、ホスピタリティマインド(人間力)のあるリーダー人材として認められることになります。

特色

  • 京都大学およびコーネル大学より2つの学位を2年間 (4セメスター) で取得
  • 両大学のキャリアマネジメントリソースを活用
  • 両大学の強力な修了生ネットワークへの加入
  • 京都と米国ニューヨーク州イサカ、2つの学術都市での学生生活

学位

  • MBA (Master of Business Administration) from the Graduate School of Management in Kyoto University
  • MMH (Master of Management in Hospitality) from the School of Hotel Administration, Cornell SC Johnson College of Business

修了要件 (京都大学MBA)

  • プログラムの修業年数は2年間です。
  • KC-CDOで京都大学のMBAを修了するためには、下記に定めた42 単位の修得が要件となります。

基礎科目

プログラム指定の12単位

専門科目

18単位以上 (うち、14単位以上はプログラム指定の科目にて修得すること)

実務科目

10 単位以上 (うち、8単位以上はプログラム指定の科目にて修得すること)

発展科目

2 単位 (プログラムのワークショップにて修得)

  • 1科目あたり2単位となります。
  • 京都大学で1学期あたりに修得できるのは最大16単位までです。
  • 20単位までをコーネル大学より単位移行することができます。
  • 修了要件として、修士論文の提出は必要ありません。
  • コーネル大学の学位MMHの修了要件は別途定められています。