ニュース

ニュース 2021.03.23

ハンブルク大学ビジネススクールとのダブルディグリープログラム開設

経営管理大学院は、ドイツのハンブルク大学ビジネススクール(Faculty of Business Administration, University of Hamburg / Hamburg Business School)とダブルディグリープログラム協定を締結しました。

本プログラムは2021年4月より開始します。プログラムは3年間で、修了者には京都大学より経営学修士(専門職)、ハンブルク大学よりMaster of Science in Business Administration (M.Sc.)がそれぞれ授与されます。

ハンブルク大学ビジネススクールとは2017年より交換留学プログラムを実施していますが、このたび連携を強化しダブルディグリープログラムの設置が実現しました。履修者に単独の大学では得られない学習機会を提供し、グローバルなマインドを持った人材の育成に貢献して参ります。