先輩の声

岡田 英人さん

ビジネス・リーダーシッププログラム 2019年度修了生

株式会社富士通研究所 フェロー

数あるビジネススクールの中でGSMを選んだ理由

岡田 英人さん

同じ会社に20年以上も勤めていると、社で生きていくためのノウハウが蓄積され、どうやったら成果がでるかというメソッドも体に染みついて、ある程度期待に応えることができます。一方で、自分自身の成長がなにも感じられないという不安に襲われるようにもなります。私は後者に該当し、人生100年時代と言われる中、ひとつの会社で定年退職まで全うすることに日々不安を募らせ、セカンドキャリアに向けてなにか準備をと考えたことが、このビジネススクールを目指すきっかけでした。GSMは、社会人生活で身につけた実践を理論で裏付けたり、新たに身につけた理論をベースに実践で試したりすることで、自分自身の能力について棚卸しとレベルアップができるという期待感、加えてカリキュラムがマッチしていたこと、また社会人向けの特別選抜があり、科目等履修生や長期履修制度、集中講義など仕事と両立することが可能だと判断して入学を志望しました。

GSMで学んだこと

基礎科目は、事前課題やテストなどまとまった時間を確保する必要があり、大変苦労しましたが、休日、それに早朝や出張の移動時間の隙間など活用することで乗り切ることができました。基礎科目の中で特に役立ったのは、経営戦略、マーケティング、情報システム・オペレーションズで、普段仕事の中で行われている日常的な判断が、理論やケースにより振り返ることができたり、新たな選択肢として幅を広げたりすることができました。専門、実務、発展科目は、興味のある内容、例えば「会議改革」をすぐに実践で試し、さらに現場にあわせて応用することができ、結果的にビジネスへの貢献も大きく、大変有意義だったと自信を持って言えます。会議改革の取り組みは、朝日新聞にも取り上げていただくことができました。仕事との両立を大前提としていたため、興味のある科目がたくさんある中ですべてを履修できなかったことが唯一の心残りです。

現在の進路先(就職先)を選んだ理由

岡田 英人さん

入学前に漠然と不安だったことは、GSMとの「他流試合」を経て、少し自信に変わってきました。また、他流試合により自分自身が成長できた間に社内においても重責を任させるようにもなりました。
今後もこれまでのキャリアとGSMで学んだことを活かし、現在のキャリアを継続していきたいと思います。具体的には、「ICTを使って社会に貢献、できなかったことをできるに変える!」を目標に自分自身も成長し続けたいと思います。

在学中、印象に残った出来事

社の中にいると官僚制が効きすぎているのか、ディスカッションをしていても均一的で最初から結論がわかっているのではと思うことが多くあります。一方で、学部を卒業したばかりの若者、外国籍、社会人経験者でも多様な業種のみなさんと議論すると、はじめは「え?なんで?」と思うくらいに伝わらない、理解できない、想像がつかない意見がでてくるなどなど、とても新鮮で勉強になりました。こういった様を「他流試合」と表現したのですが、他流試合は、自分自身の成長にも大いに貢献してくれました。冗談のようですが、何より社の中でも人の話を聞けるようになり、社のさらなる成長のためにも効きすぎている官僚制をもっと自律的な組織に変えていかなければと思うきっかけにもなりました。

授業以外に取り組んだこと

岡田 英人さん

同じような境遇で仕事と両立しながら学位取得を目指す人の存在、刺激は非常に大きかったです。仲辻猛士さん(2019年度修了)は、科目等履修生からの同志で、学びに対する姿勢だけでなくビジネス面においても尊敬できる存在で、まったく別の業種ではありますが、非常に多くのことをお手本にさせていただきました。また、それだけではなく仕事が忙しくて何度も挫折しそうになる私に優しく声をかけてくださるなど、この度修了できることになったのはこの方の存在が大きく、どれほど感謝しても感謝の言葉を表しきれません。また、末松先生のワークショップにおいては、先生をはじめとする仲間からの助言により「最終発表会」というゴールにもたどり着くことができました。

入学希望者へ向けてのメッセージ

私たち社会人にとって、若い学生、外国籍、他の業種の経験者など多様なバックグラウンドを持つ人たちと、しかも平等な関係で授業を受けたり、ワークショップを通じてディスカッションしたりすることは、日常業務の中ではほぼありません。これだけでも非常に意味のある経験です。さらに、自分自身が経験してきた実践知を理論により強化したり、新たに身につけた理論を実践で試行し、現場でアジャストする中で自分自身の幅を広げていく、このようなことを繰り返し行うことで、ビジネス面での成果に繋がったり、自分自身の成長を実感できるようになります。人生100年時代と言われる中、現在半分を過ぎるところですが、GSMで学べたことは自信になりました。最後にひと言、「本当に楽しかった」です。