同窓会について

会長挨拶

大森 貴之 (おおもり たかゆき)

2020年度京都大学経営管理大学院同窓会総会において、会長に選任されました大森貴之です。同窓会は設立以来、同窓会及び母校の発展に尽力してまいりました。前藤原会長は特に同窓会の組織力強化、母校の発展支援、情報発信に邁進し成果を出されてきました。体制を引き継ぎ、頂いた2年の任期において、私は主に次の2つの取り組みに力を入れていきます。

①同窓生と在校生の交流促進
現在、経営管理大学院では同窓生・在校生の交流を深めるためのソーシャルイベントとして「Get Together Party」を定期的に開催しています。「Get Together Party」の継続開催だけでなく、SNS等を通した在校生と同窓生との交流の場の創出と活性化に取り組みます。

②同窓会ネットワークを活用した知見の共有
国内外の様々な地域において多様な国籍の同窓生が第一線で活躍しています。それぞれが専門的な知識と技術を有しており、知見の共有は新規事業創出やビジネス上の連携と交流に繋がり、同窓会組織をより強固な物にすると考えております。同窓会ネットワークを活用し、専門的な知見を有する同窓生による勉強会の開催やSNS等での情報発信を通し、同窓生の知見を共有する場の創出と活性化に取り組みます。

以上、理事メンバーとともに活動に取り組み、京都大学経営管理大学院の魅力を高めるために力を尽くしてまいります。

2020年11月28日

院長挨拶

戸田 圭一 (とだ けいいち)

京都大学経営管理大学院が2006年4月に開設され14年が経過しました。この間に1000人を超える修了生が輩出され、様々なジャンルで幅広く活躍されているのを大変嬉しく思います。と同時に、京都大学経営管理大学院でともに学んだという仲間意識を大切にし、人的なネットワークを拡げていただきたいと思っています。友人同士としてさらに親交を深め、また仕事の面でのかけがえのない人脈を築かれていかれることを期待します。人と人を紡ぐ「同窓会」の役割は今後ますます重要となっていくかと思います。

2018年度からは定期的に懇親会(Get Together Party)を開催して、教職員、関連する企業の方々、修了生、在校生の交流を図っています。様々な同窓会活動を通じて、教職員、修了生、在校生らが一体となって、経営管理大学院の研究・実践活動の文化、伝統を育んでいきたいと思います。同窓会メンバーの皆様の積極的なご参加、ご支援、今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。

2020年4月1日

役員

2020年度 (2020年11月28日 同窓会総会より)

会長
大森貴之 (11期)
副会長
梅川忠典 (4期)
理事 (教員)
戸田圭一 (院長)、若林靖永、末松千尋
理事 (修了生)
窪浩志(1期)、山崎みえ(2期)、大森充(3期)、大賀暁(6期)、
寺田彼日(6期)、藤原大豊(7期)、西入嵩晃(8期)、永楽大貴(9期)、
高林正義(10期)、赤城 賀奈子(12期)、丸本 瑞葉(13期)、
堀内香寿(7期/IPROMAC 兼務)、舟津昌平(7期/関西 兼務)

京都大学経営管理大学院同窓会 運営規約

平成30年10月27 日 総会資料

第1条 (会の目的) 本会は先端的なマネジメント研究と高度に専門的な実務の架け橋となる教育体系によって養成された個性ある人材たる本会会員が母校の理念に即し幅広い分野で指導的な役割を果たし地球社会の多様かつ調和のとれた発展に貢献することを支援し促進するための場として下記を提供する。

  1. 1.母校との連携の場
  2. 2.実務家は最先端の研究を知り研究者は実務の最前線を知る産学連携の場
  3. 3.幅広い世代間における縦の連携および同世代間における横の連携の場
  4. 4.幅広い分野での指導的な役割を果たす人材との連携の場
  5. 5.地球社会の多様かつ調和のとれた発展に貢献する人材との連携の場

第2条 (名称) 本会の名称を以下の通りとする。 京都大学経営管理大学院同窓会

第3条 (所在地) 本会を以下に置く。 〒606-8501 京都市左京区吉田本町

第4条 (構成員) 本会は下記の者を以て組織する。

  1. 1.京都大学経営管理大学院修了生
  2. 2.京都大学経営管理大学院教員及び元教員
  3. 3.その他、本会役員全員が認めたときには会員とすることができる。

第5条 (役員) 本会に以下の役員を置く。 会長1 名、副会長若干名、理事若干名、監事 2名。 役員の任期は 2 ヶ年とする。但し、重任は妨げない(会長については 2 期を目途とする)。 会長は本会を代表し、会務を総理する。副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときはそ の職務を代行する。 会長、副会長、理事、監事は理事会を構成する。理事は互選により理事中の若干名に常務理事を委嘱することができる。常務理事は本会の常務処理にあたる。監事は本会の会計を 監査する。

第6条 (運営) 理事会は本会を運営するための重要事項を審議し、運営案を決定する。特に重要な事項に ついては、総会に運営案を諮る。 本会は必要に応じ支部を置くことができる。 年次別グループ、企業別グループ等に幹事を置くことができ、幹事会を基本連絡組織とする。会長が必要と認めたときには随時、幹事会を開くことができる。 本会は毎年 1 回会員総会を開催する。但し、会長が必要と認めたときは臨時総会を開くことができる。総会に付議しなければならない事項は下記の通りである。なお、総会における決定は出席者による多数決による。

  1. 1.役員の選任
  2. 2.規約の制定及び変更
  3. 3.予算の決定及び決算の承認
  4. 4.会費の拠出及びその徴収方法
  5. 5.その他特に重要な事項

第7条 (規約改正) 本会の運営に規約改正が必要な場合は、会員の話し合いにより定める。

第8条 (経費) 本会の経費は会員の会費、寄付金、その他の収入を以てこれに充てる。

第9条 (会計年度) 本会の会計年度は毎年4月1日に始まり翌年 3月31日に終わる。