イベント

イベント告知 主催 2021.03.03 水曜日

2021.3.15 【オンライン開催】「みんなで考える100年続くベンチャーが生まれ育つ都」トークセッション

日時:2021.03.15 月曜日 18:30 - 20:30

場所:オンライン

【イベント番号】
20200087
※経営管理大学院学生の方へ:
 このイベントはポイント付与対象です。ポイント付与条件については、申し込み先リンクにてご確認ください

【概要】
100年続くベンチャーが生まれ育つ都研究会では、今期1年間さまざまな研究会を開催し、講師の方々の話をお聞きしてきました。
継続する仕組みとしての花街の話、老舗企業の革新のDNA、ベンチャーが生まれ育つ仕組み、革新的ベンチャーの事例、地域の産業システム、そして宗教とイノベーションの回では、3つの宗教に通じるものをお話しいただき、さらに、起業や組織の新しい考え方「エフェクチュエーション」や「ティール組織」について、いずれも国内の第一人者の方々にお話しをしていただきました。

その集大成となる第9回では、前半にこの研究会の教授や講師がパネラーとして登壇し、ここで得られた知見や新たに発見したキーワードについてのディスカッションを行います。この回の打ち合わせ時点から議論百出で、事務方としては時間内に収まるかどうかヒヤヒヤしておりますが、さらに「参加される皆様からも直接ご意見をお聞きしよう」という事にもなり、今回はウェビナー形式で開催し、ご意見ある方は挙手にて参加していただけます。

そして後半は、この研究会キーノートとして「エフェクチュエーション」について吉田満梨先生をもう一度お迎えし、若林先生、高瀬先生と三人でお話しいただきます。今、日本で「エフェクチュエーション」と言えば最高の組み合わせではないかと考えています。しかも後半も視聴者参加可能です。ぜひ皆様のご参加をお待ちしています。

【日時】
2021年3月15日(月)18:30-20:30

【開催方法】
ウェビナー形式(お申込み頂くとリンク先を送付します)

【対象】
一緒に100年続くベンチャーが生まれ育つ都を京都につくっていきたい方、ベンチャーエコシステムや産業エコシステムに興味のある研究者・学生など

【担当教員】
教授 若林 靖永

【参加費】
不要

【申し込み先】
https://peatix.com/event/1838571

【問い合わせ先】
京都大学経営管理大学院
京都ものづくりバレー構想の研究と推進(JOHNAN)寄附講座
山川・岡田
E-mail:info*kmv.kyoto(*を@に変えて送信してください)