イベント

イベント告知 主催 2021.09.10 金曜日

2021.10.11 第2回 情報学ビジネス実践講座 特別講義「顔認証で実現する安全安心な社会」-NECの東京オリンピック・パラリンピックの事例とともに-

日時:2021.10.11 月曜日 18:30 - 20:15

場所:京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール (対面及びオンラインにて開催)

【イベント番号】
20210042

※経営管理大学院学生へ:このイベントはポイント付与対象です。
<ポイント付与条件>
参加後、1週間以内に1000文字程度のレポートを下記フォームで提出すること。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLScszr6zpHdbhbvHSze3N_sy6J6UcbYKaj7282S_f_W2jeBrfA/viewform


【概要】
誰もが安全安心で快適に生活できる社会の実現に向け、生体認証の活用が日進月歩で進んでいます。本講義では、東京2020大会やCOVID-19 対策の事例を交えながら、生体認証技術の価値と可能性、また、技術を社会実装していく上で大切な人材像を、経営/現場の双方の目線からお伝えします。

【プログラム】
「挨拶:未来社会に向けた学び」
戸田 圭一 教授 (京都大学 経営管理大学院長)

第1部:世界No.1のNECの顔認証と東京2020大会活用事例 (NEC)
「東京2020を契機に実現する安全安心な社会」
水口 喜博 氏 (NEC 東京オリンピック・パラリンピック推進本部 本部長)
「世界No.1のNECの顔認証技術」
今岡 仁 氏 (NEC フェロー)

第2部:音声認識技術の進展 (京都大学)
河原 達也 教授 (京都大学 情報学研究科 音声メディア研究室)

第3部:これからの社会で求められる人材像&クロージング
「これからの社会で求められる人材像」
梅松 旭美 氏 (NEC バイオメトリクス研究所 シニアリサーチャー)
「クロージング (未来への共感を創る) 」
新野 隆 氏 (NEC 代表取締役副会長)

【開催場所】
京都大学 百周年時計台記念館 百周年記念ホール (対面及びオンラインにて開催)

【対象】
京都大学の全学部生、大学院生、教職員

【会場での対面受講の定員】
150名 (新型コロナ感染予防対策のため)

【担当教員】
教授 若林 靖永

【参加費】
不要

【申し込み方法】
下記申込フォームからお申し込み下さい。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdDjFtpS0vW6keJ7RwOYNMHImEEpjOK8BIYDxKroy20bgRC1A/viewform

【問い合わせ先】
情報学ビジネス実践講座事務局 伊藤
PIB@gsm.kyoto-u.ac.jp