2019.04.01

【科研】サービス産業における顧客志向性活性化に向けた組織変革の統合的分析

研究種目

基盤研究(B) 小区分07080:経営学関連

期間

2019-04-01 – 2022-03-31

代表者

若林 直樹 教授

分担者

  • 関口 倫紀 教授 他

キーワード

  • 顧客志向型組織 / 組織変革 / 複数事例分析 / カスタム化能力 / サービス産業

概要

サービス産業では、顧客志向型組織への組織変革が重視される。本研究は、こうした組織変革を、企業が、顧客ニーズを理解し、サービスをカスタム化する組織ルーティンを構築、共有、変革することを、組織次元を相互連関させながら展開することと考え、その統合的な分析枠組みの構築を検討する。そのため、①内外の組織の顧客志向性に関する先行研究を渉猟し、変革の促進・阻害要因の整理と組織全体の変革の統合的分析枠組を検討する。②日本の優秀サービス企業の60程度の複数事例を分析し、その枠組の有効性を考える。③さらに、日本的特性や産業特性の比較検討を行いながら、変革とその学習を促進する人的資源管理政策も検討する。