教員紹介

官民協働まちづくり実践寄附講座 客員教授吉田 恭

【専門分野】
まちづくり、都市計画、都市政策
【担当科目】
まちづくりとまち経営
【経歴】
東京大学法学部卒。米国Cornell大学修士(MPA)。工学博士(北海道大学)。建設省入省後、OECD RSD課長。国土交通省四国整備局次長。内閣官房国土強靭化推進室参参事官、当講座特定教授等を経て現職。
【主要論文・著作】
「大阪駅周辺梅田地区を訪れる来訪者の特性と来訪者によるエリアマネジメントの評価」 グローバル・ビジネス・ジャーナル Vol.5, No.1, 36-47、2019 (共著)。「海外事例から考えるコンパクト・シティ実現のための政策的示唆」計画行政 36(4).2013。「フランスにおけるPPRを中心とした防災型土地利用規制に関する研究」都市計画論文集No.46 2011年4月(共著)。
【メッセージ】
まちづくりは、生活に密着したきわめて現実的な課題であるとともに、経済学、工学、法学、歴史など幅広い知識の動員が求められる知的刺激に満ちたテーマでもあります。今後、大きく変貌していくであろう日本の社会と都市のありようを想像しながら、この魅力的なテーマに挑戦してみましょう。