教員紹介

経営研究センター 特定講師佐藤 那央

【専門分野】
組織論、デザイン、エスノメソドロジー、エスノグラフィ
【担当科目】
組織コミュニティデザイン論、サービス創出方法論
【経歴】
早稲田大学教育学部卒、早稲田大学先進理工研究科修了(理学修士)、株式会社ノエビア 研究開発部、京都大学経営管理大学院修了(MBA)、京都大学情報学研究科修了(PhD)、京都大学デザイン学連携プログラム修了、北陸先端科学技術大学院大学助教を経て現職
【主要論文・著作】
佐藤那央. (2021). サービス価値を問い直す-バーの相互行為分析から. 感性工学, 19 (2), 74-78.
山内裕, & 佐藤那央. (2017). ユーザー<脱> 中心サービスデザイン. サービソロジー, 3 (4), 10-15.
佐藤那央. (2017). 相互主観的な視座からみたセンスメイキング. 組織学会大会論文集, 6 (1), 44-49.
【メッセージ】
社会を読み解く糸口を探るため、市場における価値や文化の形成と変遷を追っています。ここ数年は「バー」を対象に、現場で起こる相互行為の分析や参与観察、インタビュー、歴史的考察などを行っています。京都大学デザインスクールでの経験も活かしつつ、新しい価値創造人材育成プログラムの立ち上げに携わっています。
【研究成果】
京都大学 教育研究活動データベース